「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

稼げていない人には実は「○○」がない

フラスコ代表、安田です。スモールビジネスをやっていて稼げていない人を観察していると、共通して欠けているものがあります。あ、今日はコミュニティの話じゃないですよ。確かに成功している人は共通してコミュニティを持っていますが、それ以前のお話です。

欠けているものは「商品」である

たまには○○なんて伏せ字を使ってもったいぶってみようかなと思いましたが、落ち着かないのでいきなり空白を埋めてしまいます。稼げていない人に共通して欠けているのはズバリ、「商品」です。えっ、まさかと思われるかもしれませんが、本当なんです。

もちろん売るものを全く用意していないわけではありません。いや、それに近い状態の人もいます。1時間くらいお話をしても「結局この人は、どうやって収入を得ているのか」が最後までわからないこともあります。さすがにそれが例外的としても、価値と価格が見合った商品(サービス)を用意できていない人がとても多いんです。

誰がそのサービスに30万円を出すのかがリアルに想像できなかったり、自分はターゲットとして当てはまるのだけれど3万円を出してまではこの人からは買いたくないなあと思ったり。逆に価格が安すぎて、それで生活しようとしたら身体が3つくらいないと成り立たない状態だったり。それって、実質的には商品がないのと同じことだと思うんですよね。

起業をしてすぐの場合

ちょっとわかりにくいと思うので、ケースを分けて例を挙げてみます。起業をしてすぐの場合、商品がないのはやむを得ないと思うんです。起こりがちというかほとんどの人が陥るのが「私はコーチです。ターゲットは誰でも大丈夫で、あらゆる悩みを解決できます!」という人ですね。これ、商品があるとは言えません。

確かにコーチングという技術にはそういう側面はあるのですが、これだけ世にコーチが溢れている中でそれだと買う方も戸惑ってしまいますし、他の人にも紹介できません。少しマニアックなくらいにターゲットを絞って、こういう人を専門にしています、って言い切るべきなんですね。

また、引き続きコーチの例でいけば「無料でコーチングをやらせてください!」と言ってくる人も多いですね。まだ経験が足りないのでお客様の声を頂ければそれで良いですと言いつつ、継続クライアントも取れるのではと考えているのでしょう。悪いことではありませんが、経験が足りなくて誰にでも無料で提供している技術を、2回目からは高く買いたいという人がどれくらいいるでしょうか。

割と長くやっている場合

上記のやり方だと確かに稼げませんが、半年くらいやってみて「これではいけない!」と気づいて修正すれば別に良いのかな、と思います。問題なのは、何年もビジネスをやっていても「商品がない」状態の人は多いということです。「新サービスだから」などと称してはいるものの、基本的には起業をしてすぐの人と同じやり方をしていたりするんですね。

どう計算してもそのやり方では生活が成り立たないはずなのですが、パートナーの方が稼いでいたり他の収入があったりしてズルズルとその状態が続いていることが多いようです。それでもじわじわと苦しくなってきて、ネットワークビジネスに流れてしまったりするんですね。ネットワークビジネスもきちんとやらないと稼ぐことはできませんが、とりあえず商品だけは得られますからね。

やはり稼ぐことに対するメンタルブロック、抵抗感がいつまでも続く人が多いようです。怪しげな自己啓発セミナーが流行るのも、それだけメンタルブロックの問題が大きいからですね。本当に必要なことは商品を作って、仕組みを作って自然にそれを必要とする人に届けるために考え抜くことなのですが。

これは自分にも当てはまる話

ここまで読んで頂いて「そりゃそうだけど、なんだか上から目線で偉そうだな」と感じた方もいらっしゃると思うのですが、この件については自分自身にも当てはまる話だと思っています。コミュニティを育てるというテーマを優先し、またフラスコという胸を張ってお勧めできる「商品」があることに甘えてしまって、「稼ぐ」ことを先延ばしにしてきてしまったと感じています。

フラスコのシステムは整い、優秀な人も集まりつつあります。これからは堂々と、自分が「稼ぐ」ことと両立できるコンテンツを売っていこうと思います。この3つが揃ってはじめてフラスコは爆発するので絶対に必要なことなのですが、「コミュニティとかなんとか言っても結局、金が目当てなのか」と言われるのが嫌でコンテンツは先送りしていました。こういうメンタルブロックが、商品に関しては大きいんです。

ここに取り組まないといけない

私のやりたいことは、最初から「5年前の自分を救うこと」すなわちサラリーマンの救済です。人生計画を学び、コーチングの技術を身につけ、フラスコの仕組みを使ってコミュニティを育てれば、あとは考え抜いた人が成功するだけの話だとある程度は突き放して考えていましたが、それではダメだと確信しました。

私がこの5年間苦しみ抜いて身につけてきたビジネスの基礎を、これからはじめる方に惜しみなく提供していきます。それが5年前の自分を救うことだと思うんですね。ビジネスを軌道に乗せようと思ったら、まずは「商品作り」からです。そして「セミナー作り」と「セミナー集客」、まずはこの3つだけの集中しましょう。

それが一番、ムダな努力をしなくて済む最短経路です。その代わり、この3つに関しては手を抜いてはいけません。ここに関してはコミュニティなんかとは違って、比較的わかりやすいノウハウがあります。それをこれから、お伝えするコンテンツを提供していこうと思います。

コミュニティー・プラットフォーム説明会
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
研修 詳細はこちら
夢とお金の彼方