「ひよこ食い」のない起業、自由で安全な『信用の器』の実験室 コミュニティプラットフォームサービス フラスコ 説明会 そもそもコミュニティってなぜ必要なの?
そもそもコミュニティってなぜ必要なの?
フラスコ 説明会に今すぐ申し込む

5年前のサラリーマン時代の私自身の「心の声」

はじめまして。

フラスコ代表の安田修です。

現在私は、フラスコの代表として活動をしていますが、その前は15年間、日本生命保険相互会社という会社でサラリーマンをしていました。日本を代表する大企業ということもあり、高額な給料で経済的には何も不自由はありませんでした。

不安は常に感じ続けていました

しかし、一度しかない人生を自分の思うように生きてみたいという想いは日に日に強くなり、自分の心に嘘をついて「他人」である会社のために生きていくことに違和感を感じ、会社を辞めて起業をしました。もともとサラリーマンが合わなかったんですね。そういう人、たくさんいるのではないでしょうか。

すぐに会社を辞めたわけではありません。会社にいながら起業について学ぼうと思ったとき、「安心して学べる場がない」ことに気づきました。それどころか、言葉は知りませんでしたが「ひよこ喰い」と呼ばれる、起業の初心者を騙して稼いでいる人たちがたくさんいることを知りました。

楽しそうなイベントに参加をしてみたら宗教の勧誘を受けたり、初めて会った人にいきなりネットワークビジネスに誘われたり。強引な売り込みで生活していているハイエナみたいな人が大勢いる危険な世界、それが私の目に映る、起業の世界でした。

サラリーマンは良くも悪くも「部品」

ひよこ喰いのない「学びの場」を作るにはどうすれば良いか。私が先生役でセミナーやイベントを提供していけば良いかというと、それではダメだと思うんです。安全な環境は作れても、お伝えできるコンテンツや、お伝えできる人数に限界がありますから。

同じ志を持った人を集め、「教え」を持ち寄って提供していく。その環境を作ることが必要だと考えたんですね。安全な学びの場を、つまりプラットフォームを作れば良いんです。遠回りのようで、それしかないんです。

そうやっているうちに、これは教える側にもメリットがあると気づきました。専門以外のことについてもお互いに学ぶことができますし、何より信頼できる仲間が集まってきて、様々な化学反応が起こることがわかってきましたから。

「ダークサイド」に墜ちず、
 安定してビジネスを続けるには「ダークサイド」に墜ちず、
安定してビジネスを続けるには

思いつきで起業しても、リスクは増えるばから・・・起業には必ず綿密な計画が必要です。

ビジネスにおいて、なぜ嘘をついたり、強引な売り込みをするか。できもしないことを約束してしまうのか。実はこれ、自分がその立場になってみるとわからなくもないんです。

教える側も家族がいて生活があって、早く自分のサービスを売って稼ぎたいと考えています。一方で、まだ自分の実力には自身がないし、実績もない。目の前には自分を信じてくれそうな無邪気なお客さん候補がいる。家族のために多少の嘘は・・・となりがちなんです。

私はこの現象を「ダークサイドに堕ちる」と名付けています。スターウォーズに出てくる、正義の騎士が誘惑に負けてしまうことですね。みんなもともとは人の役に立ちたくて起業をしているし、嘘なんてできればつきたくないんですよね。

こういう、まだ経験が浅い人が嘘をつかずにビジネスを育てていくにはどうすれば良いか。実はここでも、フラスコの仕組みが役に立ちます。コミュニティを持てば良いのです。

「コミュニティの育て方」を教える教育事業「コミュニティの育て方」
を教える教育事業

セミナー会場には私だけしかいない

私は「自由で好奇心にあふれた状態」「人生が選べること」が成功だという価値観を持っています。私にとっての成功を目指すためには起業をするのはベストであったと考えていますが、成功の定義は人それぞれでしょう。それで良いと思います。

その価値観に従って起業をしたいと思う人でも、いきなり会社を辞める必要はありません。また、家族のために仕方なく売り込みをしてしまっている人でも、やり方を全て一気に変える必要はありません。

それよりも、人が「成功」するために必要なことは・・・

 

しかし、あなたが「成功」を目指すための一番の近道は、あなただけのコミュニティを持ってみることです。最初は、あなたにぴったりのやり方はきっとわからないことでしょう。もしかしたら、価値観そのものがはっきりしていないのかもしれません。

でも、コミュニティを持ってみて実験を繰り返せば、成功の定義が見えてきます。最初は恥ずかしい、失敗したらどうしようと思うはずですが、失うものは何もありませんから、どんどんここで失敗しましょう。

信用の器であるコミュニティを持ち、「あなたを応援したい!」という人たちを集めて、信用を貯めていきましょう。

それでは、ここで改めて自己紹介をさせて下さい。

フラスコ代表、マスターコーチ 安田修 フラスコマスターコーチ 安田修

安田修

信用の器 フラスコ代表

1976年北海道生まれ、北海道大学経済学部卒。
株式会社シナジーブレイン代表取締役。
マスターコーチ。

大学卒業後、日本生命保険相互会社へ入社。
システム部門を経験後、資産運用部門にて企業向け融資の営業や審査、実務を幅広く担当。主担当としてプロジェクトファイナンスやストラクチャードローン等の高度なファイナンスを同社へ導入。投資ファンドへの出向も経験。企業評価や財務に関する高度な知識・スキルを習得。

 常に長期的な視点により「自分の頭で考えること」を大切にしており、それぞれの人にあったコミュニティの育て方をサポートする。オンラインサロン『人生計画研究会』を運営。

保有資格はマスターコーチに加え中小企業診断士、GCS認定プロフェッショナルコーチ、証券アナリスト、ソフトウェア開発技術者、日商簿記2級、将棋アマ初段、他。趣味は読書、旅行。インド3ヶ月放浪の経験を持つ。9歳の息子と7歳の娘の2児の父。

フラスコはこんな方にお薦めです。

フラスコはこんな方にお薦めです

  • 自分だけのコミュニティを作りたい
  • 起業や集客について安全に学びたい
  • 趣味やライフワークを広げたい、学びたい
  • 信頼できる仲間が欲しい
  • セミナー・イベントの集客をしたい
  • 安定したビジネスを育てたい
  • オンラインサロンを持ちたい

フラスコは、
本気で”稼ぐチカラ”を身につけ
“自由な人生”を求めている人を応援します。

長期的に稼ぐチカラ

フラスコは、ただ参加したからといって誰でもが“楽して儲かる”ようになるといった仕組みではありません。

私は、人が経済的に自由になるためには、“長期的に稼ぐチカラ”が必要であると思っています。そのためには、“起業のための商品作りと様々な知識を学ぶこと”“情報を発信する力”“関係性作りを行う場”の3つが必要だと考えています。

この3つがあり、正しく活用することができて、初めてサラリーマンを辞めても生活ができるようになる基盤ができ、サラリーマンを続けても続けなくてもよいという選択肢ができるのです。

すでにビジネスをやっている方であれば、嘘をつかず、強引な売り込みをすることなく安定した売り上げをあげることができるようになります。 

そのためには地道な学びや努力、時間が必要になります。夢を目標に変え、正しい方向に努力することが大切なんです。

なので、何十万円もする自己啓発セミナーに次々と参加しては、「成果が出ない」と文句を言っているような人には来て欲しくありません。

そのような方は参加されてもきっとすぐにあきらめてしまうでしょうし、集まってくれている仲間たちを傷つけてしまうとわかっているからです。

ですから、本気で稼ぐチカラを身につけて、人生を変えていきたい。そうした人を集めたいと思っています。

私はそのような人を決して見捨てませんし、そうした人の成功のためにフラスコはあると思っています。

まずはフラスコ説明会にお越しください。フラスコの説明会では、フラスコのシステムについてやあなたのファンを作るためのコミュニティの仕組みをお伝えします。

追伸

5年前の私は「会社を辞めたら生きていけない」と思い込んでいました。

今、思い返すと日本社会や会社という組織に洗脳をされた状態だったのだと思います。
そして、サラリーマンを続けていたら、やりたいこともやれず言いたいことも言えず

ストレスを抱えながらも会社に定年までいたと思います。

そして今だから言えますが、妻に聞いてみたことがあります。
「あのまま、サラリーマンを続けていたら老後も一緒にいてくれた?」

そうすると妻は
「あなたが定年退職した時点で、熟年離婚をしていたかもしれない」

そう答えが返ってきました。自分の自由と好奇心を殺していた反動を無意識とはいえ、家族にぶつけて

しまっていたのです。私は、このような5年前の自分のような方が多くいると思っています。

そして、そんな方々を1人でも多く救い、自由と好奇心にあふれて仕事をしている幸せな大人がたくさんいる
世界を創れたらと思っています。

そのためにも、フラスコの会員を100,000人にします。そうすることで、日本のサラリーマン全員を

自由で好奇心あふれる生き方ができるように変えられると信じているからです。

もし、あなたが5年前の私のように会社にしがみつき、ただ耐え忍んでいるのであれば、

フラスコで自分の人生を選ぶための第1歩を踏み出してみませんか?
あなたが本当に実現したい夢は何ですか?どんな人生を本当は歩みたかったですか?

ぜひ一度、説明会に足を運んでみてください。あなたにお会いできることを、楽しみにしています。

Scroll Up