「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

「コロナが落ち着いたら始めます」という人はきっと、いつまでも行動しない

フラスコ代表、安田です。コロナによる非常事態が続く今ですが、ビジネスをやるならむしろチャンスという側面もあります。でも行動しない人ほど「コロナが落ち着いてから・・・」って言うんですよ。また新しい「やらない理由」が見つかった感じです。

やりたいのに、コロナのせいでやれない?

緊急事態宣言が出てからは、さすがの私もリアルのセミナーをオンラインに切り替えています。別にリアルでも良いのですが、リアルだと参加者が少ないので。オンラインのセミナーには参加者はそれなりに集まりますが、「さすがに今は動けない」という人が多いなあと感じています。

もちろん経済的な不安もあるんだと思います。なので私も別に、必ずしも高額の講座に参加しろと提案しているわけではないんです。フラスコを使えばほとんど初期費用をかけずにビジネスの実験を始められるので、オンラインの飲み会でもオンラインサロンでも何でも良いので、まずは動き始めてみたら、って言っているだけなのに。

「今は自粛だから、動けません」っていうのは、やらない理由でしかありません。文字通り「Stay home」を遵守するにしても、オンラインでのイベントやセミナーは問題ありませんから。むしろ今はみんなヒマしているので、オンラインの集客はいつもより楽なくらいです。チャンスなんですよ。

「仕事が忙しいからできません」問題

思えば、「コロナだからできません」って言っている人って多分、少し前までは「仕事が忙しいからできません」って言ってた人たちなんですよね。「いや、新しい部署に移動したばっかりで」「ちょっと大きめのプロジェクトが立ち上がって」「田舎の親の調子が悪くて」などなど、やらない理由はいくらでもみつかります。

まあごくまれに「さすがにそれは無理だな」と思わされる理由もありますが、大概はあまり理由になっていなく、「やれば良いのにな」と感じてしまうことが多いです。コロナに関しては、テレビ報道などで怖い情報に長時間接しているからでしょうか、マインドがマイナスに振れ切っている方も多くお見かけします。

今回だと医療関係者とか、本業がめちゃくちゃ忙しくなった人を除き、ほとんどの場合「やれば良いのにな」と思います。今やらない人は、コロナが落ち着いてもきっと、やらないと思います。

多分、そんなに早くは落ち着かない

ちなみに新型コロナウィルスに関して言えば、まさか5/6に騒動が収まって経済が正常化するなんて思っていませんよね。「5/7から全力で頑張るぞ!」と考えているのだとしたら、見通しが甘すぎます。少なくとも、自粛そのものがそこで終わることは100%ありません。

かと言って今のレベルの緊急事態宣言を継続するとこんどはお店をやっている零細企業や個人事業主が持ちませんので、業種や地域を絞って少しは緩和せざるを得ないでしょうけれども、あと1ヶ月くらいは人と人との接触を70%くらいは削減したいというのが行政側の考え方です。

ではその状況で飲み会をリアルでできるのかと言えば、やる人はやるかもしれませんが、今の状況が怖くてオンラインのイベントすらできていない人は、やっぱり動けないと思います。夏に少し落ち着くと良いですが、基本的にはワクチンや特効薬が量産化されて普及する1年以上の間、そういう状況が続く可能性が高いんですよ。

むしろ今は、チャンスなのに

先程も少し触れましたが、オンラインのイベントをやるには今はチャンスです。みんな、時間を持て余しているしストレスが溜まっていますから。普段はリアルでサービスを提供している方もそれをリモートでもできるように変えていく実験をするには最適の環境です。

「いや、私の仕事はリアルじゃないとできないんです」という方は、そのままで向こう1〜2年を生き残っていくことは難しいので、何か違う収入源を作っていくべきではないでしょうか。いずれ今回のコロナショックは落ち着くとしても、別種のウィルスが蔓延したり、全く別の理由でリアルのビジネスが止まることは今後もあり得ます。

だったら今は、そういうリスクに対応したより強いかたちにビジネスを作り変えていくチャンスだと考えるべきではないでしょうか。かく言う私も「いずれは自分が地球上のどこに住んでいても、機能する仕組みにしたい」と妄想していた仕組みを、急ピッチに作り上げて実験しています。一気に、ステージが上がる感じです。

そのときどきで、やれることを全部やる

何が言いたいかというと、原則としてマクロの環境というのは選べないので、与えられた環境でベストを尽くすべきだということです。「コロナがなかったら今頃は・・・」とか「国が助けてくれたら・・・」とか考えるの、時間と脳内リソースのムダじゃないですか。

それよりは、「こんな特殊な環境で実験できることはめったにない」と考えて、未来を先取りするつもりで実験をしてみるのが良いと私は考えます。新しいことを学ぶにも、今はとても良い環境です。時間がある上に、脳が生命の危機を感じてとても活性化していますから。

「どうやったら生き残れるか」と真剣に考えつつ、どこか楽しみながらさまざまな実験をする。それがウィズコロナの正しい過ごし方だと思いますし、これって別に今に限らず、どんな環境でも同じだと思うんですよね。怖がるだけでなく、できるだけ楽しみましょう!

稼ぐ力であなたの人生を進化させる

メルマガに登録する

* indicates required
フラスコ交流会
ショップ・コンテンツ
コミュニティー・プラットフォーム説明会
サークルモデルセミナー
ビジネス構築セミナー
公式イベント 詳細はこちら
夢とお金の彼方