「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

同じことを続けることの難しさ

フラスコ代表、安田です。最近ようやくメンバーの方に「安田さんはいつも、同じことを言っていますね」と言われるようになりました。これは実は、私としてはとても良いことだと思っています。今回は、同じことを続けることはなぜ難しいのか、っていうお話です。

廃業率10年95%の謎

起業関係のセミナーで必ず取り上げられるデータとして、「10年後の廃業率95%」というものがあります。これ自体「ガセだ」とか「根拠がない」などと議論があるのですが、私としてはこのデータ自体にはそんなに違和感はありません。

私もやっていますが、複数の法人を立ち上げたり、不動産に投資するために個人事業を立ち上げて廃業したり、SPCといって投資用に専用の法人を立てて数年の投資期間で潰したりすることは普通に行われているので、それも合わせればそんなものかなと思うんです。

そしてフラスコをやっていて思うのは「事業をやめて就職しました」という方がとても多いなということです。儲かっていないことが多いのは確かですが、率直に言えば「嫌になってやめた」「気持ちが続かない」というように感じるケースがとても多いんですよね。本当にギリギリまでやって「倒産」するというケースの方が、むしろ少ないと感じています。

自分自身が飽きてくる

ビジネスやコミュニティをやっていて痛感するのですが、一つのことをずっと続けることはとても難しいんです。「常に新しいことに挑戦し続ける」と言えばかっこいいのですが、その方が気持ちとしてははるかに楽です。何種類もの事業に同時に顔を出して忙しくし続ける人、いますよね。

つまり「人は、飽きる」ということなんです。うまく利益が出ていることでも長く続けていると飽きてきますし、利益が出なければ疑問も生じます。もっと良いやり方があると青い鳥を追ってしまい、どんどん新しいことにチャレンジしてしまいます。当然、いつまでも結果は出ません。「商いとは飽きない」とは良く言ったもので、つまらなく感じても淡々と続ける人にしか、成功のチャンスはありません。

発信する側と受け取る側の温度差

理念やメッセージを伝えていく上でも、同じことが起こります。思いついたときには素晴らしいと確信したアイディアも、繰り返し口にしているうちに平凡であるように感じてきます。違った切り口、異なる言い方で、全く違うことを言いたくなります。

そこでグッと我慢して、同じことを言い続けることができるか。これが難しいんです。ここまで他人事のように書いてきていますが、私自身が3年で人生計画フォーラムというスキームを一度ぶっ壊して新しくフラスコを立ち上げていますし、メッセージの出し方も変えました。

そしてメッセージをなんども繰り返していると陥りがちなのは、「これだけ繰り返したらもう伝わっているし、みんな飽きてきているのではないかな」という感覚です。ただこれは大いなる誤解で、同じメッセージを10回伝えたところで、ごく一部(しかも熱心な!)の人にしか伝わりません。情報の発信者と受け手には、それくらいの温度差があるんです。

実験は全体を固定して一部を変える

では、新しいことはやらない方が良いのか。何も考えずに同じことをひたすら繰り返すことが、成功への道なのでしょうか。もちろん、そんなことを言うつもりはありません。実験は大いにするべきで、実験であるからには常に新しいことを試すべきですし、フラスコの精神もそうです。

ただ、実験というのは今までやってきたことを全否定して全く新しいことを試すことではありません。基本的な路線は固定した上で、各要素を変えて施工してみるべきなんです。例えばミッションやビジョンは、軽々しく変更するべきではありませんが、居酒屋が良いのか会議室が良いのかはどんどん変えてみるべきです。普段は枝葉末節の部分をどんどん組み替えて、試していく感じです。

成功は、続けられる人の中から

そうやって、根幹の部分を固定して続けられる人の中から、成功する人が出てくると信じています。私自身も、賛否両論はありますがフラスコの根幹部分の考え方については向こう3年くらいはブレさせるつもりはありません。それがうまくいく可能性が一番高いやり方だと思いますから。

信念を世に問うてから、結果が出るまでには少なくとも1年、より確実には3年くらいはかかるものだと思います。世の多くの「失敗作」となったビジネスは、単に根気やキャッシュが足りなくて結果が出る前に自分から退いてしまったものと感じているんですね。

何でもかんでも続けるべきだ、とは言えません。それはそれで無責任ですし。ただ、やっていることに信念があるなら、3ヶ月や半年でやめるという選択肢はないんじゃないかなと感じることが、あまりにも多いんですよね。同じことを続けるのは飽きますし、すごく怖いことではありますが、突破口は必ずその先にあるのだと考えています。長期的な考え方とキャッシュの裏付けが、大切だということになりますね。

クラウドファンディング
コミュニティー・プラットフォーム説明会
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
研修 詳細はこちら
夢とお金の彼方