「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

妻をプロデュースする(妻は野ブタ。ではない)

フラスコ代表安田です。『野ブタ。をプロデュース』というテレビドラマがあって、最近も放送してましたけど、これはそれとは全く関係ない話です。文字通り、妻をプロデュースするんです。『妻へのプレゼン』からの連ドラだと思って頂ければわかりやすいかと(いやわかりにくい)。

普通とは逆に、進んできたフラスコの事業

代表者がへそまがりだということもあり、フラスコの事業は通常の起業のセオリーとは全く逆に進んできました。起業支援のコンサルをやりたいなら、普通は起業家の個別サポートから始めるべきなんです。

そしてある程度はそうやって労働集約型で頑張って、サポートのノウハウを積んでから塾形式にして複数の人を同時に相手することで効率化して、その卒業生が増えてきたらコミュニティ化、それからシステム投資をして仕組み化する。これが通常のセオリーです。

ところはフラスコというか私のやり方は全く別で、いきなりシステムに投資をして仕組みから作り始め、コミュニティを作り、塾形式(集中講座)をリリースしてからようやく、個別サポートサービスを提供しようとしています。これはリスクの大きい方法なので、これから起業する人にはお勧めしません。

より直接的な起業支援に取り組む

私も起業支援というフィールドを選んだからには、直接結果を出せる個別のサポートは、もちろん一番やりたかったことの一つではあります。1対1のサービスは、中小企業対象のコンサルを初期の事業に選ぶなど、もともと得意でもありました。

ただ、最初から起業支援の個別サービスをやるにはノウハウ・実績もありませんでしたし、不用意にやればサポートすべき相手を選ぶこともできずに多くの失敗例を出すだろうなという感覚がありました。起業をして稼いだこともない人が起業支援っていうのも、変な感じがしますよね。

なので、コーチングをしたりしながら最低限の経験を積みつつ、コミュニティの仕組みづくりというビジネスの方で実績を出すべく、動いてきました。かなりのノウハウが溜まったというなかで塾形式をリリースし、ようやく満を持して今回、個別サポートに本気で取り組もうという気になったというわけです。

妻をサポートしない理由がない

っという中で、ふと気づいて横を見れば私の妻は今、「マヤ暦」というやつに真剣に取り組んでいます。正直マヤ暦自体は私は良くわからないのですが、それを通じて妻がいきいきと活動しており、人の相談に乗って役にも立ちつつあります。

「稼ぎたい」というのとは少し違うものの、「もっと多くの人の、大きな役に立ちたい」という想いが見えるようになってきたので、少しずつコミュニティ・ビジネスの考え方を伝えてきました。そうすると、もっと知りたいという意欲が湧いてきたようです。YouTube配信も始めました。

本気でやるというならば、妻をサポートしない理由はありません。ビジネスの知識はないし、まだ商品といえる商品はないけれども、やる気はある。もちろん私の妻なので、人間的な魅力もある。しかも妻が稼げるようになれば、自分が働かなくても良くなるし、いつ死んだとしても大丈夫です(笑)。

新サービスの概要

っというわけで、個別のサポートを始めます。やはりフラスコがずっと取り組んできた、ゼロからのサラリーマンの起業がど真ん中ではありますが、個別サポートなのでもっと広い範囲にも対応できます。その実験の一環が妻のプロデュース、というわけです。

個別サポートとは言っても、私がやることなので単純なセッションの提供だけ、ということではありません。今までやってきたことの集大成とも言える、結果が出やすい仕組みを作り込んでいるところです。

かといってノウハウを提供してあとは勝手にやって下さい、というわけでもありません。学習効果を最大限に引き出しつつ、ノウハウだけではなくて考え方そのものを変えるため、行動を習慣化することを重要なポイントと考えています。

モニターの募集

現段階ではこれくらいの、ふわっとしたことしかまだ言えませんが、その仕組みを完成させるためにも「モニター」の方を募集します。募集人数は5名。条件はタダではありませんがかなり破格です。大々的に募集をすればすぐにでも埋まってしまうことでしょう。

しかし、今回のモニターは仕組みが柔らかい段階で一緒に作り上げていくためのパートナーであり、関係性がしっかりとある人に限りたいと思います。なんだか偉そうですが逆にこちらから選ばせて頂いて、お一人ずつお声がけしていく感じです。

そのうちの1人が妻だという、これちょっと面白いでしょっていうお話です。しかし自分の一番近くにいる人のビジネス一つ満足に立ち上げられないようなサービスであれば、そもそもこれを世の中に出していく価値がありません。

あんまり私は普段こういう言い方はしないのですが、絶対に結果を出すし、絶対に期間内に元を取らせる。そういう、不退転の覚悟で望む所存。第2の創業みたいな感じで、久しぶりにワクワクしていますよ。

稼ぐ力であなたの人生を進化させる
コミュニティー・プラットフォーム説明会
サークルモデルセミナー
ビジネス構築セミナー
クラウドファンディング
研修 詳細はこちら
セールスファネル・ラボ
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
夢とお金の彼方