「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

会社を辞めて起業をして良かったことトップ5

フラスコ代表、安田です。僕は両方経験しているので、起業もサラリーマンも一長一短あるとは思いますが、今回は起業をして良かったと感じていることをまとめてみます。

5位:満員電車に乗らなくて良い

まずはベタなところから。会社を辞めて最初に「良かった!」と感じたのはこれですね。この10年で働き方はずいぶん多様になったとは思うものの、やはり基本的には決まった時間に決まった場所に出社しなくてはいけないのがサラリーマンなので。早朝出社でもしない限り、どうしても満員電車になってしまいます。

朝は9時までに出社して、昼は12時に食べて、夜は20時くらいに帰る。土日は休んで家族サービス。そうしてみんなと同じ行動をしていると、常に人が多いところで活動をしなくてはならないのがかなりストレスでした。サラリーマンにとっては、30分早くランチに行くだけでもかなり周りの目が気になるんです。

これが起業をしてからは、何をするにも人がいない時間帯に活動できるので、ストレスが大幅に減りました。人のいく裏に道あり花の山。行列とか、ほんと嫌いなんですよね!

4位:新しいテクノロジーを活用できる

これはちょっとわかりにくいかもしれませんが、サラリーマンの頃はiPhoneが出ても「仕事で使うのはセキュリティの関係でNG」とかだったんです。Gmailなんて論外、SNSを活用するのもかなり遅かったですし、会社のパソコンは旧式で、添付ファイルをつけたメールを出すときは上司の承認を得てからじゃないと出せないとか。

今だとAIを業務にフル活用できないとかだと思うんですが、僕にとってはかなりストレスなんです。せっかく画期的な技術が世界を変えようとしているのに、それに2周遅れ・3周遅れでしか対応できないような仕事の仕方が、きついなあと。まあこれは金融機関だったからということもあり、スタートアップ企業とかならだいぶ事情が違うんでしょうけどね。

今はChatGPTが出てきたらすぐにそれに対応した「フラスコ君」を作って即リリースしたりできます。こんなの、変な動作をするリスクを考えると大企業だったら一生リリースできないですよね。このスピード感が、起業をしているととても心地良いんです。

3位:青天井で稼げる

お金の面では、サラリーマンの方が安定収入という意味では圧倒的に良いですし、なんなら期待値ベースの生涯賃金で言えば実は大差なかったり、むしろ下がっていたりするかもしれません。でもサラリーマンをしていると「会社にピンはねされている」「どれほど稼いでも給料はほとんど同じ」という感覚があって、不満でした。

今は稼げば稼いだだけ、自分の懐に入ってくるので快適です。収入は青天井ですからね。とはいえ毎月安定して何百万円も稼ぐのはなかなか大変ですが。今思うと、大企業にはあれだけ働かないおじさんがたくさんいるのに、あんな金額のお金を全員に配れてすごいなとむしろ感心します。仕組みの力、ですよね。

お金に関しては、安定性も含めた経済合理性だけで考えると起業をするのが絶対に良いとは言い切れない、というのが僕の見解です。特に、楽して安定した給料をもらいたかったら、絶対にサラリーマンですよ。

2位:睡眠の時間と質が確保できる

これは僕の中ではかなり重要です。サラリーマンの頃はずっと、寝不足でした。夜遅くまで仕事をしているとか朝早く出社する、飲み会があったりゴルフや資格試験があるなど諸事情がありましたが、一番の原因は仕事のプレッシャーです。明日の決済をミスしたら大変なことになる、などと考えると恐怖で眠りが浅くなるんです。

これは「たかが仕事じゃないか」と思えないまじめすぎる性格が災いしています。もっとシンプルに、精神的な強さが足りないともいえます。僕も起業をしてからはメンタルが強いとか言われるようになりましたが、サラリーマン時代は全く太刀打ちできないくらい、メンタルが弱かったんです。モンスター揃いのあの中では。

これは何も、僕が起業をして成長して、メンタルが強くなったわけではありません。周りとの相対感だけの話です。ともかく今は毎日ぐっすり眠れるし、睡眠時間も8時間くらい毎日確保できます。その状態になって改めて、頭の切れを確保するには、これが絶対条件だと気づけました。

1位:人間関係のストレスが激減する

そして堂々の1位はこれです。仕事のプレッシャーもさることながら、人間関係がとにかく楽になりました。起業をすると「好きなときに、好きなことを、好きな人と」なんて良く言われますが、特にこの「好きな人」、自分と相性が合う人をクライアントさんとしてビジネスができるのがすごく大きいです。

大きな組織を作ったり、大掛かりな業務提携などしようと思えばまた人間関係のストレスが出てくるのかもしれませんが、それは必須ではありません。一部の専門家の手を借りつつ、ほぼ全てを自分一人だけで回すことも、可能です。人を雇ったり組んだりするときも、合う人だけを選べば良いですし。

僕は内向的なので、基本的にはできるだけ人に会いたくありません。今は週に何日も誰とも会わない日があり、快適です。「そんなの寂しいじゃん!」と思う人はそういう仕事のやり方を選べば良いです。とにかく僕はこういう理由から、起業をして本当に良かったと心から思っているんです。サラリーマン?無理無理!

稼ぐ力であなたの人生を進化させる
AI ChatBot フラスコ君
公式イベント 詳細はこちら
コミュニティー・プラットフォーム 信用の器 フラスコ説明会
フラスコノート会
フラスコ交流会

メルマガに登録する

* indicates required
夢とお金の彼方