「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

『新しい副業のかたち』出版が決まりました!

フラスコ代表、安田です。10月予定で出版が決まりました!ずいぶん前から「本を出す、出す」と言っていた気がしますが、ついに正式決定したので、お知らせします。出版社は株式会社エムディエヌコーポレーション、タイトルは『新しい副業のかたち』です。

どんな本なの?

サラリーマンや主婦の方向けに、「サークルモデル」というやり方で副業をおすすめする本です。サークルモデルというのは私が独自に開発した方法論(商標出願中)で、ざっくり言うと「大学生がやってるサークルみたいなやり方で気軽にビジネスをしましょう」というものです。

コンセプトを作り、イベントで実験しながらオンラインサロンを持って発展させる。それだけです。誰でもできそうですよね。はい、誰でもできます。この本を読んだだけ、サークルモデルセミナーに参加しただけでできてしまう人もいるでしょう。

とはいえ一人で考えていてもなかなか考えがまとまらないし、行動に移すきっかけがつかめないことも多いでしょう。サークルの形は人それぞれなので、チームを組んで化学反応を起こしながらその人にピッタリ合ったサークルを作るためのサポートも始めています。

つまりこの本は、サークルモデルというやり方を世の中に広げるための本であると言えるでしょう。

何が新しいの?

気になるのはタイトルの「新しい副業のかたち」です。イベントやオンラインサロンの何が新しいのかと。でもこれ、まずはサラリーマンや主婦の方が副業にオンラインサロンを使う、という発想は新しいと自負しています。

起業をしている方であれば今やオンラインサロンは常識でしょう。しかしそうではない人にとってはまだまだオンラインサロンは「怪しい」「難しそう」「縁がない」ものなのです。その、副業とオンラインサロンの掛け算がまず新しいです。

もう一つは、副業のやり方です。今までは副業といえば会社にバレずにやるもの、顔を出さずにやるものでした。それが副業解禁のビッグウェーブにより誰もが堂々と副業できる時代がすぐそこまで来ています。なら、その前提でもっとも効率的なやり方で素直に稼ぎましょう、という考え方が新しいのです。

なぜ副業の本を書いたの?

私のミッションは「誰もが自由で、好奇心あふれる生き方ができる世界を創る」です。大きなくくりとしては「起業支援」の仕事をしていると思っています。しかし起業支援といっても、ではすぐ会社を辞めましょう、みたいなやり方は決してやりたくありません。

そうではなくて、サラリーマンであっても主婦であっても、個人事業主も社長もみんな同じですが、どの立場にあるかよりも「稼ぐ力」を身につけることこそが本質だと考えているんです。稼ぐ力がなければ社長でも不自由ですし、稼ぐ力があればサラリーマンでも自由です。

そう考えて、フラスコでは会社を辞めたあと「稼ぐ力」を身につけるにはどうしたら良いかということを重点的に考えてきました。稼ぐ力=商品力×情報発信力×関係性構築力ですが、まず最初に時間をかけて育てるべきは関係性構築力。コミュニティの育成であり、セミナーやイベントの主催と集客力だ、というのが一つの答えです。

サークルモデルはその考え方に沿ったモデルです。今の環境を変えずに(つまりいきなり会社を辞めずに)、稼ぐ力のうち時間がかかる関係性構築力から育て始めることができる。結果として、その人の価値観に沿った生き方に大きく近づくことができます。

いつ書店に並ぶの?

『新しい副業のかたち』は10月をメドに執筆を進めています。水面下では2月くらいから動き始めていましたから、原稿はある程度できていて、編集者の方と全体のバランスや構成を詰めている段階です。順調にいけば、10月後半にはお届けできると思います。

出版社名を出せなかったので良く心配をして頂いていたのですが、今回のお話は自費出版ではなくて完全な商業出版です。しっかり印税を頂きながら全国の書店に本を並べて頂くというとてもありがたいお話です。細かなスケジュール等は、決まり次第お知らせしていきますね。

何しろ初めての出版なので、ワクワクはする反面、どんな風に進んでいくのか全く予想ができません。プロ集団である出版社の方々の邪魔をしないよう、少しでもお役にたてるように頑張る、という初々しい気持ちでいます。新人著者ですからね。

何をしたら嬉しいの?

とここまで読んで「なんとなくおめでたい気がする。何か応援をしようかな」と思ってくださる方もいらっしゃるかもしれません。ありがとうございます(図々しい)。

まずは本を買って頂けるととても嬉しいです。できればオンラインではなくてリアルの店舗で購入頂けると最高です。リアルの書店で売れると、本屋さんが「これは売れる本だな」と感じてくれて、棚の面積を増やしてくれる、その結果また売れるという好循環に入れます。発売してから1ヶ月が勝負らしいです。

最初の1ヶ月で売れないと本棚から消えていくという厳しい世界だということですね。それはそうでしょう、新しい本がどんどん出ますから。SNSでの露出など一緒に本を売って頂く「かたち応援隊」みたいなコミュニティも作ってみようかななんて思っています。自分でやるのがかわいらしい(笑)。

あとは、本の出版についてのクラウドファンディングをやっています。ロングランでやっていて現在の支援総額は325,000円(16.25%)、支援者は33人となっています。すでに支援を頂いている方、何の情報もない中で、ありがとうございます。これから本の発売まで本腰を入れていきますので、引き続きご支援のほど、よろしくお願い致します!

コミュニティー・プラットフォーム説明会
サークルモデルセミナー
クラウドファンディング
研修 詳細はこちら
フラスコで学べる講座
人生計画研究会
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
夢とお金の彼方