「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

予定がキャンセルになったら本を読もう

フラスコ代表、安田です。コロナウィルスの影響でイベントがキャンセルになったり、人と会う予定が来られなくなってしまったりすることが多くなっていますよね。せっかく時間が生まれたのだから、本を読みましょう。どんな本をどんな態度で読めば良いか、なんていうことをつらつら書いていきますよ。

好きな本を読んだら良い

いきなり結論を言ってしまえば、どんな本を読むのも自由です。好きな本を読んで下さい。もっと言えば別に本なんて読まなくても、動画を見るなりテレビを見るなりただゴロゴロするなり、好きなことをしたら良いんです。それが自由ということです。

ただまあ、それを言ったらブログに書くことって何もなくなってしまうので、例えばこんな本を読んだらどうですかっていういらないお世話をしてみようかと思うんです。ブログって、そういうものじゃないですか。

ただ本というのは、著者の人生が詰まっていてとても効率的に知識が得られ、それが2千円くらいの価格と少しの時間を投資することで手に入るので、本当にお得だなあと思うんですよね。時間があるなら、いや時間を作ってでも読まないともったいないです。

積ん読、再読してみる

私の中で最近、流行っているのがこれです。もう何年も前に買って本棚の肥やし化している本を、読み直してみています。これならお金もかかりませんよね。私は買った本は割とすぐに読んでしまうので積ん読はあまりしませんが、そういう本があるならそれを読んでみても良いでしょう。

本が好きな人はみなさん知っていることですが、本が苦手な人には割と誤解されていることがあります。それは、本って別に、すべての文字を読まなくても良いってことです。積ん読が発生するのはその思い込みからでしょうし、再読だったらもっと気楽に、読み飛ばすことができるから楽しいですよ。

極端な話、1冊の本に2千円くらい出したとして、その本をきっかけとする気付きが1つでもあれば勝ちです。必要なところだけ読めば良いですし、はじめにや目次だけ読んで気づくこともあるでしょう。タイトルや装丁の感じ、読書のための時間から気づきが必ずあるはずですよね。なので私は、速読は否定派です。早く、全体を読む意味はありません。

ビジネス書や自己啓発書

あなたがもし、手っ取り早く結果が出ることや割と短期的なコストパフォーマンスにこだわるなら、とりあえずビジネス書や自己啓発書を読めば良いでしょう。細かなジャンルは何でも、いま気になっていることについて読めば、これは確実に元が取れる投資になります。

雑談の方法とか時間術、運動や睡眠に関する本は「元が取りやすい」ですね。自己啓発書は気持ち良くなるだけで実際の役には立たないと言われがちですが、まあちょっとでも前向きな気持ちになって2千円なら安いじゃないですか。

どんな本を、どのように読んだら良いかと迷っているのなら読書術の本を読めば良いです。そういう本にはたいてい、お勧めの本が何冊も紹介されていますから。あ、ちなみにこのブログでは具体的なお勧めの本がどれかっていうことは書きませんよ。お勧めの本ってお相手の方がどのような関心を持っているかによって、全く違いますからね。

宇宙、遺伝子、歴史、数学、人工知能

私が最近、読んでいるのはこのあたりです。宇宙や遺伝子に歴史は、専門知識なしで理解できるレベルの本は大体読み終えた感じがするので、もう少し研究が進んだり面白い切り口の本が出てくるまでおやすみという感じですかね。

数学、人工知能の本は良いですね。このあたり、ある程度の年齢になったら諦めてしまいがちなところですが、諦めた瞬間に発想が凝り固まるような気がして、どこまでもキャッチアップしてやろうと燃えています。まあ最先端の技術者レベル、というわけにはいかないのであくまで「時代の教養」というレベルですね。

学問や芸術というのは、分業化や貧富の差によって暇になった人間が生み出したものだというのが私の理解です。そうするとこれから、まさに学問や芸術が人間の仕事になる時代が来るような気がしていて、そんな時代にもしっかり適応していきたいなって思うんです。

マンガも最高

とか言いながら、マンガも読みます。マンガのことをバカにしたり、活字と比べて低く見る人ってちょっと理解できません。あれほど感情を動かし、豊かな情報に満ちていて何より楽しいものは他にないというのに。子供がマンガを読むの、私は全面的に賛成です。貪るように読むべきです。

もちろんそういう意味では映画も良いし、リアルな体験も最高です。テレビにも良いところはたくさんあるし、人と会って話を聴くのも素晴らしいです。要は、これは良いけどこれは知的ではないからダメ、みたいな単純な言い方をする人こそ、単純だなあと思うということです。

そんな中、本を出します(笑)

ということで、『新しい起業のかたち』は3月18日(水)発売です。何が言いたいか、わかりますよね。そう、この本も読みましょう!できれば書店で買って読みましょう!前作の『新しい副業のかたち』より少しページ数は増えましたがお値段据え置き。読み慣れた人なら2時間くらいでさくっと読めるはずです。

この本は自己啓発書ではなく、起業について具体的なノウハウの詰まったビジネス書です。この本との出会いをきっかけに人生が大きく変わる人が、何人も出てきてくれることを願って書きました。きっとあなたの人生を、そして世界を、少しだけ変えることになりますよ。

稼ぐ力であなたの人生を進化させる
コミュニティー・プラットフォーム説明会
サークルモデルセミナー
ビジネス構築セミナー
クラウドファンディング
研修 詳細はこちら
セールスファネル・ラボ
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
夢とお金の彼方