「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

オンラインサロン「で」儲けようとは思わないほうが良い

フラスコ代表、安田です。最近、オンラインサロンを持ちたいという人が多くなってきてご相談を受けます。サロンにはさまざまなかたちがありますが、オンラインサロン「で」儲けようという発想の人は、うまくいかない可能性が高いです。

オンラインサロンで稼ぐには

すごく単純な話なんですけど、例えば月3千円のサロンで月収を300万円にしようと思ったら、1,000人のメンバーを集めないといけないんですね。いや私自身が起業したとき「月3千円で1,000人集めたら経済的な自由達成!楽勝!」ってちょっと思っていたので全く笑うつもりはないのですが、1,000人の有料メンバーを集めるのは、これなかなか大変です。

単価を上げて月1万円だとしても、1万円で300人を集めるのもまたなかなか。どう金額と人数を組み替えても、オンラインサロンだけで月300万円を稼ぐのは「そう簡単なことではない」という感覚は、持って頂けるのではないでしょうか。月100万円でも生活はできますが、それだってかなり高いハードルです。

加えて、オンラインサロンの会費はその全てがオーナーの収入というわけではありません。サロンにもよりますが、どちらかというと運営費を預かっているという感覚も強かったりします。メンバーに還元する、分配するという視点が必要になってくるので、やはりこれ自体はそこまで儲かるものではないということになります。

バックエンドとしては弱い

つまりオンラインサロンは安定収入は得られるものの、バックエンドすなわち主力商品としては弱いと言わざるを得ないんです。どちらかというと飲み会や交流会などのフロントイベントに近い性質を持っているもので、しっかり稼ごうと思ったらバックエンド商品は他に持っておく必要があります。

私がお伝えしているサークルモデル集中講座では「商品は持たなくて良いので、まずはイベントを主催しましょう。そしてオンラインサロンを持ちましょう」と言っているのですが、これはまずそれでビジネス的な動き方に慣れて、いずれは主力商品を持ちましょうねという意味です。お金のメンタルブロックが強い人にはそれが結局は、最短ルートになるので。

それなのに、イベントを1回やったくらいで「これでは稼げない」とやめてしまう人が多いのは、とても残念です。商品力・情報発信力とサークルモデル(関係性構築力)の関係は、しつこくお伝えしているのですが、なかなかイメージできないんですね。これは、私の方にも責任があるので、より良い伝え方を模索する日々です。

あなたのファンクラブとしての価値

バックエンド商品を開発したとき、オンラインサロンを持っているとその相乗効果は大きいです。サロンには基本的にあなたのことを好きで、応援したいという人達が集まってくれます。そういう人って、新しい商品ができたと知ったら「それを最初に買いたい!」って言ってくれたりするんです。

もしかしたらあなたは、ファンの方やお友達には高額の商品は売れないとおっしゃるかもしれませんが、それはお金のメンタルブロックです。だって価値の高い商品を開発して、その価値の範囲内での価格で「交換」するだけなのですから、何も奪い取ってはいないでしょう?「奪う」「だます」という感覚があるから、申し訳なく感じるんですよ。

それでもどうしてもサロンのメンバーからお金を受け取りたくなかったら、サロンメンバーとプロジェクトを組んで、一緒に何かをするということから始めても良いでしょう。サロンにはあなたと補い合えるスキルを持ったプロフェッショナルの方も、たくさん集まってきますから。

応援団として活用する

意外と見落としがちで、でも私としては最も価値が高いと思っているのはサロンが持つあなたの「応援団」としての機能です。サロンメンバーは基本的にリピーターの方々なので、「次回も参加する」という前提でイベントやセミナーに参加してくれます。

通常、セミナーでアンケートを取っても「勉強になった」「明日からやってみたい」「ありがとうございます」といったポジティブな意見だけが集まります。5段階評価だったら5か4ですよ。4ってことはちょっと満足していないんだな、と想像するしかありません。そんなデータにはあまり、価値がありません。

サロンメンバーは違います。「もっとこういうことが知りたかった」「こんなところがわかりにくかった」「次回はこうしたら良いのではないか」とすごく役に立つ意見を言ってくれます。次回も参加する前提なので、改善提案をしてくれるんです。これ、主催者にとってはとても有益な情報なんです。これが、応援団機能です。

オンラインサロンは「足場」

ということなので、オンラインサロン「そのもので」稼ごうとしてもあまりうまくいきません。フラスコでさえ、ようやく安定した収入が入ってくるようになってきて、それでもそれだけで大きく稼げているというレベルではまだないくらいですし。

それよりは、サロンは本格的なビジネスを展開したり、やりたいことを実現させるための足場として活用することをお勧めします。バックエンド商品を開発して、ファンクラブとしてのサロン、応援団としてのサロンの力を借りながら大きく飛躍する。そういうビジネス設計をしましょう。

その意味では、サロンは直接ビジネスにつながるテーマでなくても良いんです。もっと趣味に寄せたり楽しいことを中心に据えて人を集め、あなたを信頼してくれる人を増やし、そこから本格的なビジネスを展望する。それができたら、オンラインサロンの本当の価値が、見えてくることでしょう。

稼ぐ力であなたの人生を進化させる
コミュニティー・プラットフォーム説明会
サークルモデルセミナー
ビジネス構築セミナー
クラウドファンディング
研修 詳細はこちら
セールスファネル・ラボ
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
夢とお金の彼方