「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

自己肯定感が全てを決める

フラスコ代表、安田です。ビジネスをしていて、死活的に重要だと感じるのは自己肯定感です。というか、自己肯定感さえ高ければ別にビジネスで成功する必要すらないんじゃないかとすら思うので、そのあたりのことを書きましょう。

自己肯定感とは何か

Wikipedia先生、出番です。

自己肯定感とは、自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉であり、自尊心、自己存在感、自己効力感、自尊感情などと類似概念であり同じ様な意味で用いられる言葉である。

ですって。まあなんとなくわかりますよね。根拠があってもなくても、自分って素晴らしいと感じられれば自己肯定感が高いということです。逆にどんなに優れた能力や実績があっても、自分なんてダメなんだと感じている人は自己肯定感が低いんですね。

いますよね、どんなに褒めても「いや、私なんて全然・・・」ってなる人。逆に、あんまり褒めるところがないのに自分が大好きっていう人も(笑)。私は昔は違ったはずですが今や、どちらかというと自己肯定感が高い方に属します。

ビジネスで影響する場面

自己肯定感が高いと何をやっても、だいたいうまくいきます。サラリーマンなら失敗を恐れないのでいろんなチャレンジをして目立ったり実力を付けたりできますし、自信を持っていると能力も伴って見えるので評価も悪くないはずです。

起業という観点では、集客や高額商品の販売において大きなプラスがあります。お金のメンタルブロックがなかなか減らない人は、自己肯定感が低いことが原因だったりします。自分に自信があれば、高額商品を販売しやすいのは容易に想像できるでしょう。

こうしてみると必要以上に自己肯定感が高いと「鼻持ちならないヤツ」となりやすく、嫌われてしまうかもしれませんが、自己肯定感が高い人は少しくらい他人に嫌われてもあまり気にしないので、大丈夫だったりします。

起業など新しいことに挑戦するときには、どうしても他人と軋轢を生むというか、叩かれてしまいがちです。情報発信をすればアンチコメントがつき、ビジネスを展開すれば批判されます。しかしそれを乗り越えていくための精神の強さというか鈍感さこそが、自己肯定感であるとも言えるでしょう。

私の自己肯定感が高い理由

この自己肯定感が高い低いというのは、持って生まれた性質もあるでしょうし、他人とりわけ両親からどれだけ愛されたかという要素も影響があるでしょう。私の場合は両親から以上に、祖父に溺愛されたことが影響しているような気がします。毎晩、将棋をしてくれたり、今思うとあり得ないくらい相手をしてもらってますからね。

あとは大学受験とか就職、サラリーマン時代、起業してからコミュニティの運営、結婚して家族との関係と、そのときそのときを精一杯やってきたという自負でしょうか。言葉の通り、肯定できる成功体験があるということは、重要な要素なのでしょう。

とはいえその「精一杯やってきた」という評価が、自己肯定感が高いゆえに甘い判定になっているという気も客観的にはしますから、やっぱり持って生まれたものなのかもしれません。

自己肯定感を高める方法

そんな、遺伝的・環境的な要素の大きい自己肯定感を高める方法はあるのでしょうか。一つは先ほど触れたように、成功体験を積むことです。これは、小さな体験で良いのです。例えば、「今日はこれをやろう」と決めたら必ずやり切るとか。自分との約束を守るということですね。

嘘をつくと自己肯定感は下がるので、自分に対してもそうですが他人に対してもどこまでも誠実に対応すると自己肯定感は上がる気がします。自分は口に出したことは必ず実行する、というようなセルフイメージを作り、そのとおりに行動すると良いでしょう。コーチをつけるのも、自己肯定感を高める上では役に立つかもしれません。

あとは最近強く感じるのは、人の役に立つことです。ダーウィンとフラスコで結果が出つつあり、成功事例が続々と出てきていることが私の自己肯定感をかつてなく高めていると感じます。さすがにある程度の年齢になると、何か実績がないと自己肯定感の高さを保ちづらいかもしれません。

幸せを感じるために

ということで「自己肯定感っていうワードを何回書いたかな?」と思うくらいしつこく自己肯定感について書いてきました。

自己肯定感が高いと何をやっても成功しやすく、起業の世界でもそれは極めて大切な要素だなと感じるのですが、そもそも自己肯定感さえ高ければ、成功(の定義にもよりますが)する必要すらないかもしれないとも思うのです。

要は幸せとは客観的な基準ではなく、主観なので自己肯定感さえ高ければはたから見れば何一つ成功していないように思えたとしても、その人は幸せなのです。お金や実績は、自己肯定感を高く保つための根拠にはなりますが、根拠なく自己肯定感が高い、というのが最強です。

まあ私はそこまで鉄壁のマインドは持っていない気がするので、ある程度のお金と実績を積み上げつつ、人の役に立つことで自己肯定感を高め、幸せを感じるという生き方かな。割とそれが普通という気もするのですが、あなたはどうですか?

稼ぐ力であなたの人生を進化させる

メルマガに登録する

* indicates required
フラスコ交流会
ショップ・コンテンツ
コミュニティー・プラットフォーム説明会
サークルモデルセミナー
ビジネス構築セミナー
公式イベント 詳細はこちら
夢とお金の彼方