「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

フラスコ交流会が好調な7つの理由

フラスコ代表、安田です。昨年の7月から始めたフラスコ交流会ですが、コロナ禍もものともせずあれよあれよという間に20ブランチまで拡大し、すごく良い調子です。自分でも何がそんなに良いのかわかっていないので、考えてみます。

1.誰でも気軽に始められる

まずはこれかなと。正会員になってシステム登録、というフラスコを使うためのステップだけはありますが、それ以外は主催者に条件は求めていません。フラスコではネットワークビジネスと政治・宗教だけは禁止、その他はどんなお仕事の方でも主催者になれます。

ブランチを作るのに複雑な手続きもなく、「やりたい」と声をあげて頂ければその日のうちに新しいブランチが立ち上がります。細かなルールはありませんので、詳しくはこちらのフラスコ交流会主催者向け動画を観て頂ければ、「自分にもできるな」と思って頂けるはずです。

2.自由なテーマで、柔軟に運営できる

フラスコ交流会は一応「ビジネス交流会」の一種だと思っているのでイベント相互紹介の時間だけは必ず入れて頂くことになっていますが、別にテーマはビジネスじゃなくても良いんです。信頼できる仲間作りとか、趣味的なことでも全然オッケーです。何でも良いので、気軽に始めて下さい。

イベント相互紹介は1時間弱は必要なのでそれだけは確保して頂いて、1時間で終わっても良いですし24時間耐久交流会をしても構いません。リアルでもオンラインでも、毎回場所が違っても構いません。飲食をつけても良いですし、料金の設定も自由です。要は、今までやっていたイベントをそのまま(フラスコ交流会)にして頂ければそれでオッケーです。

ただ交流会としては単発や不定期開催だとあまり効果はないと思っています。なので開催は月に1回以上をお勧めしていて、どの曜日の何時というのは一応登録して頂くようにはしていますが、「今週はちょっと変更」とか「1月はお休み」など柔軟に運営できます。開催しなかったら罰則、などのルールは一切ありません。

3.1人でも、2〜3人でもできる

ブランチを作るのに、1人でやるか2〜3人でやるかというのは案外ポイントだと思います。私なんかは1人で立ち上げられると気楽で良いなと思うのですが、誰かと一緒の方が安心という方も多いのではないでしょうか。フラスコ交流会ではサブリーダーを2名まで任命できるので、最大3人で立ち上げられます。

とりあえず1人で立ち上げておいて、あとからサブリーダーを追加するとか、誰かとブランチリーダーを入れ替わって自分はサブリーダーになるとか、そのへんも本当に自由です。最初にきちんと決めるというよりは、動きながら考えて頂ければ良いですよという設計になっています。

4.参加者を集めやすい

ブランチリーダーとサブリーダーは、他のブランチに参加するときに2千円の割引が受けられます。実はこれだとサブリーダーがお得すぎるのですが、まあサブリーダーの方はそのうち新しいブランチを立ち上げてくれるのではないかと勝手に期待しています。

この料金設定だと、集客をするときにとても楽です。他のブランチに遊びに行ってあなたのブランチの告知をすれば、そこのリーダー・サブリーダーの方は参加しやすいですし、もともとそういう方は活動量が多いので、色んなブランチでお会いするようになるでしょう。

そうやって主要なメンバーと仲良くなると、あなたのブランチ運営だけではなく、ビジネスそのものもうまく回るようになります。そういう関係性を作ることこそが、フラスコ交流会の価値なのです。

5.お金がかからない

意外とこれも、広がっている理由なのかなと思います。一度登録をしてしまえば、フラスコ交流会を運営するための年会費などの費用はありません。売上の何%を本部に払って下さい、という吸い上げの仕組みも入れていませんので、やった分はブランチリーダー(とサブリーダー)の収入になるんです。

交流会で稼ごうという人は多くないとは思いますが、会場を借りて諸費用を支払ったら赤字ということだとちょっとがっかりしますよね。今はオンラインでの開催もできるので、大きな金額ではないとはいえ参加料がそのまま収入になる感じで嬉しいのではないでしょうか。

6.イベント集客ができる

当たり前過ぎて最後の方になってしまいましたが、イベント相互紹介の時間を入れていることから明らかなように、イベントやセミナーの集客ができます。ひとまず表面的にはこれが目的と言っても良いでしょう、わかりやすいメリットですから。

実際にはプレゼンをしたら紹介が貰える、みたいな単純なことではなくて、参加者がお互いを応援する気持ちで試しに参加してみたり、それが良かったら誰かを誘ってくれたり、アドバイスをし合ったりして「結果としては集客ができるようになる」ということです。このあたりは、実際に参加・主催をして頂けると体感して頂けるかと。

7.なんか、楽しい

実際にやっている方の声をお聴きすると、結論としてはこれかもしれません。人がやっているのを見てなんとなく楽しそうだから、とりあえず始めてみたら楽しかった。行ったり来たりしているうちに色んな人と仲良くなって、イベント集客もできてビジネスもうまくいくようになってきた。

まさにこれはフラスコの設計思想(フラスコ説明会の無料動画はこちら)の現れでもあります。商品を作ってセミナーをやって・・・コミュニティ・ビジネスのやり方はわかっても、実際にはなかなか行動できないものです。それがフラスコ交流会という気軽な場に、まずは参加していずれは自分で主催をして、そしてより本格的なビジネスを加速させていく。

そういう風になめらかに、人が行動できるようになっていけるとしたら、フラスコとフラスコ交流会を作ったものとしてこれほど嬉しいことはありません。フラスコ交流会が盛り上がっているのを眺めていると、なんか幸せな気分になるんですよね。きっと、思い描いた世界が実現しつつあるからなのでしょう。これから、ますます広がっていくことが楽しみです!

クラウドファンディング
フラスコノート会

メルマガに登録する

* indicates required
公式イベント 詳細はこちら
フラスコ交流会
コミュニティー・プラットフォーム説明会
サークルモデルセミナー
ビジネス構築セミナー
稼ぐ力であなたの人生を進化させる
ショップ・コンテンツ
夢とお金の彼方