「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

イベントやセミナーをいつも満席にする人は、どうやって集客しているのか?

フラスコ代表、安田です。最近は大きなイベントはやっていませんが、久しぶりにノートの説明会をやっていて、無料とはいえもう30人くらいは参加登録して頂きました。改めて、集客ってどうやってやるんだっけというお話です。

広告で集客するのか

サラリーマンのときは「集客は、広告を使ってするんだろう」と思っていました。Web広告とか、マスメディアを使うとか。実際に広告を使うこともあるのですが、正直、コストパフォーマンスはそんなに高くありません。

Web広告でも一人イベントに来てもらうだけで、下手すると2万円くらいかかってしまうイメージです。2万円というのが正確かはわかりませんが、少し前に15,000円くらいと言っていたのが、少し上がっているような感覚があります。

これはイベントの種類や予算感(大規模だともっと効率が良い)、ライティングなどによっても大きく変わりますが、小規模のビジネスだとなかなか、一人の集客に2万円は払えませんよね。

SNSで集客するのは

小規模のビジネスだと、SNS集客が主力だと思っている人が多いのではないでしょうか。FacebookやTwitter、インスタにイベント情報をガンガンアップするやり方です。

これでお友達を何人かは集められたりしますし、ビジネスを始めたばかりだと他に方法もないので仕方ないのですが、集客におけるSNSへの依存度はできるだけ下げることをお勧めします。

そう言いながら私もイベント情報をSNSにアップしたりはするのですが、それだけで満席になるような威力は、今のSNSには感じません。

人のイベント情報なんてあなたもスルーするでしょうし、ちょっと嫌な気持ちになって、あまり多いとフォローを外すでしょう?つまり、そういうことです。

ブログ・メルマガは

それでまあ、起業コンサルみたいな人が何を言うかといえば、ブログやメルマガを頑張りましょうということになるわけです。もちろん、長期的にこれらを育てることはとても重要です。

私も起業以来2,000文字のブログを800記事くらい書いてきて、メルマガの読者は1,800人を超えましたが、これくらいになるとそれなりに反応が得られるようになります。イベントをやると言えば、参加してくれる人も出てきます。

それでも、あえて夢の無いことを言えば、これだけでどんなイベントも告知してすぐに満席!ということにまではなりません。メルマガを出すだけだと、ぱらぱらと申し込みが入る、くらいが実情です。イベントの魅力度にもよるでしょうけど(苦笑)。

出版はどうか

ちなみに、出版は集客の手段としては有効です。「集客のために出版をしているのか?」と聞かれたら、答えはイエスです。価値を届けたい、ブランディング・信用を向上させたいというのも本音ですが、これは広義では集客ですからね。

本からあからさまに導線をひかなくても、本が面白ければ著者に会ってみたいなと思ってくれる人は結構います。その気持ちのときに広告なり、メルマガなりでイベントを知れば、「合わせて一本」みたいな感じで参加してくれるんです。

声がけをするのは

とここまで読んで「自分は本も出していないし、メルマガも始めたばかりで読者が数人しかいない!」とお怒りのあなた。安心して下さい。とっておきの集客方法がありますから。

それは、「声がけ」です。当たり前じゃないかと思ったかもしれませんが、これが集客の主力です。知り合いに、メールなりメッセージを送ってイベントにお誘いするんです。電話や対面でお声がけできるなら、より強力です。

毎度のことですが私の場合でも、イベントに来てくれる人の大部分が声がけによるものです。本も出している、ブログ・メルマガでも何度も書いている、SNSでも周知している。その上で声がけすると、それで初めて動いてくれるんです。

イベントに参加するのって、たとえ興味があったとしてもちょっとめんどくさいじゃないですか。わざわざ自由時間を減らして、体力ともしかしたらお金を使って、参加するにはハードルがあります。声を掛けられたら仕方ない、ちゃんと検討するかっていう感じです。あなたも私も、人はそういうものなんです。

交流会に出るのは

今回改めて「侮れないな」と感じたのは交流会です。フラスコ交流会を立ち上げて盛り上がっているので主催者としては顔くらい出しておくか、くらいの感覚で参加してノート会のお知らせをしているのですが、これが結構、効果的です。

声がけをしてこっちは忘れていても、交流会で会ったら「ああ安田さん!あれ申し込もうと思ってるんですよ!」って結構、言ってくれます。絶対これ、顔を見て思い出したんですよね(笑)。そういう効果があるんです。

交流会に行ったら売り込まなくてはいけない、と思っている人も多いかもしれませんが、顔を見せるだけ、接点を増やすだけでも効果はありますよ。やっぱり会わないと、ちょっとずつ忘れられていくんだなって思います。

集客の「結論」

ということで、ではどうやったらイベントが満席になるのかという話ですが、「全部やれ」っていうのが結論です。ええ、身も蓋もないですよね。でもそれぞれの集客方法には、相乗効果がありますから。やった方が良いです。

どうしてもどれか一つに絞ってくれと言われたら、それは絶対に「声がけ」です。SNSだけとか、ブログだけで集客するなんてのはかなりの上級テクニックです。広告に頼るのが最悪です。だったら声がけが簡単でコストも安いです。

声がけの弱点は、「恥ずかしい」「相手に悪い気がする」「断られるのが怖い」「嫌われたくない」などの感情です。でもまあ、ビジネスをするんだったらそこは乗り越えないと。価値のあるイベントを、堂々と届けたら良いんですよ。

あ、まだ関係性のないお相手に強引に連絡をするのは、違いますよ。そのあたりの距離感も、経験がないうちは間違えてしまうのは仕方ないかもしれませんが、お互い、気をつけながらやりましょうね。

稼ぐ力であなたの人生を進化させる
フラスコノート会

メルマガに登録する

* indicates required
公式イベント 詳細はこちら
フラスコ交流会
コミュニティー・プラットフォーム説明会
サークルモデルセミナー
ビジネス構築セミナー
ショップ・コンテンツ
夢とお金の彼方