「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

本は発売日から「2週間」で運命が決まる

フラスコ代表、安田です。過去2回、ビジネス書を出版させて頂いた経験からも本当にそうだなと思うのですが、本は出版してからごく短い時間で運命が決まります。「1ヶ月」って言う人が多い気もしますけど、実感からは「2週間」という説を支持します。花の命と本の命は、通常は短いんです。

ビジネス書のライフサイクル

過去の経験も踏まえて言うと、本にはライフサイクルと寿命があります。ただ私が想像していたのと少し違ったのは「売れないから絶版」みたいなことにはなかなかならないということです。出版社が存続する限り、その本は一応「生きている」状態が続きます。今の時代、わざわざ絶版にする意味があまりないというか。

では何が起こるかというと、重版されなくなるんですね。本が発売されると、書店に展開されます。出版社さんとか取次さんとか書店さんとか、もちろん著者もそうですがさまざまな関係者が動いて、全国書店の棚に並ぶわけです。「売れそうだな」という本は大々的に、そうでもない本はそれなりに。

本を買う立場からすると、ある程度は目立つ置き方をしている本じゃないと、なかなか買わないですよね。縦積みといって、1冊だけが背表紙のみ見える状態で置いてある本は、最初からそれを目当てでもない限り、ほぼ選ばれることはありません。逆に言うと、縦積みになった瞬間にその本はほぼ動かない「仮死状態」になるわけですね。

「初速」で判断される

書店としては、どんなに大型書店であっても本を置けるスペースには限りがあるので、できるだけ売れる本に大きくスペースを割きたいわけです。ただ、どの本が売れるのかは並べてみないとわからない。よって、どんな本でも発売されたらいったんは平積み(面が見える陳列法)をしてみます。それでしばらく、様子を見るんです。

この「しばらく」というのが、短ければ2週間くらいという感覚を私は持っています。それで、もっと大きく「話題の本」として扱うか、縦積みにしておしまいにするかという「運命」が決まるという、少なくとも著者としては、それくらいシビアな世界と考えておいた方が良いなと。

出版社の方で重版の判断をするのも、この2週間が重要です。普通に考えても、最初の2週間での売れ行きの延長線上か、それ以下しか売れないですよね。2週間で売れなかった本が後半から伸びる、というケースもなくはないのですが、その確率は低そうです。なので「発売日から3日で重版」といった現象が起こったりするのですね。

ロングセラーという「例外」の存在

ではその逆というか、「発売日から3年で重版」みたいなことはないのかといえば、これはほとんどありません。記述の通り、縦置きになってしまった本が急に売れるということが起こりにくいからですね。誰か影響力のある人に紹介されたとか、何かきっかけがあって伸びるというケースはあるのでしょうが、レアな感じはします。

ただ何ごとにも例外はあって、ロングセラーという特殊な売れ方の本があります。なにかの教科書とか、狭い業界の人にとっても必読書のようなものは、コツコツと確実に売れ続け、在庫が減ったら重版されるという息の長い活躍をします。ノート本はロングセラーも狙えるかもしれない、と少し期待はしていますが、基本的には賞味期限がある本の中でまずは戦うことになります。

お願いしたいこと

なので、お願いです。街の本屋さんで『自分を変えるノート術』を見かけたら、ぜひ購入して下さい。来週、1/20(木)発売なので、そこから2週間が勝負なんです。そして、書店で購入したらAmazonでレビューを書いて下さい。できれば星は5つでお願いします!もちろん、いずれもピンときたら、の話ですが!

なぜAmazonで買うことをお勧めしないかというと、これは上記の「書店の論理」によります。書店で本が売れると、売れる本だと書店員さんが判断して、本を置くスペースを拡げてくれるかもしれないので。Amazonにはそれがないんです。だからAmazonキャンペーンとかやるの、もったいないんですよね。電子書籍なら良いですけど。

あとは日本全国制覇を目指すPOP隊を募集していたり、書籍を展開するキャンペーンの数々はオンラインサロン『フラスコノート・ラボ』の中でゴリゴリにやっているので、ご興味ある方、著者としての安田を応援したいという方はぜひこちらにご参加下さい。ラボのメンバーは、ここ数日で続々と増えています!

・・・と、ここまで書いて

ある方から連絡を受けて気づいたんですけど、すでに紀伊國屋書店新宿本店さんには『自分を変えるノート術』が陳列されているようです。それどころか、割と大々的に展開されてたりします。もちろんすごくありがたいのですが、1/20発売の本なので・・・戸惑いがすごい(笑)。

でもせっかく並んでいるからには、売れて欲しいです。その他の書店さんでも見かけたら、ぜひ情報を下さい。私もすぐ見に行きますので。書店に自分の本が並んでいるのを眺めるのは、著者にとっては大きな喜びなんです。思ったより早く書店で見つけることができて、嬉しいです。

本は最初の2週間が勝負。さあ、思ったより早く始まりましたよ。一緒に世界を変えていきましょう!

クラウドファンディング
稼ぐ力であなたの人生を進化させる
公式イベント 詳細はこちら
コミュニティー・プラットフォーム 信用の器 フラスコ説明会
フラスコノート会
フラスコ交流会

メルマガに登録する

* indicates required
夢とお金の彼方