「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

弱者が強者になり、強者が弱者になる世界【クラファン】

フラスコ代表、安田です。9/29の発売に向け、『ノート術大全』のクラウドファンディングをやっています。多くの方に大きな支援を頂いているのは感謝しかありません。ただ、今回はいつもにも増して「やりにくさ」を感じています。

コロナ禍、経済環境も悪い

クラウドファンディング(クラファン)は今までも、本を出すたびにやってきました。『ノート術大全』は私にとって4冊目の商業出版となりますので、実に4回のクラファンをやってきたことになります。前回の200万円から100万円に目標金額を下げての実施で、今のところ64.5万円、達成率64.5%となっています。

コロナ禍・円安・インフレの兆しと経済環境が悪い中、今回はクラファン自体、実施するかどうかもかなり迷いました。事業の存続が危ぶまれている人も多いでしょうし、家計もぎりぎりでやっているかもしれない。そんな中、「本を出すから応援して!」という話は不快に感じる人もいるだろうなあ・・・と。

マンネリもある

「またクラファンですか」という感想もあるでしょう。私自身、4回目のクラファンです。初回の2019年当時はまだ「クラファンという新しいことに取り組んでいる」というムードもあったのですが、今や馴染んだというか当たり前になったというか食傷気味というか。「10万部を目指す!」と言ったところで「それ、前も言ってたよね」となるのは無理もありません。

コロナ禍で多くの方がクラファンを実施して、「知り合いから何件もクラファン支援の依頼が来た」という話も複数の方から聞いています。確かに私のような友人が少ない人のところにもそういうお話はいくつも来ているので、交流会などに積極的に参加されている方は大変だろうなあというのは想像に難くありません。

「大丈夫でしょ」という雰囲気

それらもそうなのですが、強調したいのはこのことです。ずっと感じていて、先日ついに面と向かっても言われてしまいましたが「安田さんは本も売れているし、大丈夫でしょ」という空気です。

クラファンというのは本来は弱者の武器です。夢はあるけどお金はない、お金を貯めるために時間を使うのは成功から遠ざかる、だから支援して下さいというのが通常のロジックです。本を出版する人なんて、そこそこ成功しているんだから支援は必要ないでしょ。しかも前の本が売れているならお金もあるでしょと思われるのも仕方ないところがあります。

最近、インフルエンサーがクラファンを仕掛けて、炎上するのもこのパターンです。「お金のあるやつが、お金のないやつにたかるな。自分のお金でやれ」というわけです。クラファンには仲間作りという面もあるのですが、支援という文脈では弱者の方が強く、強者と見られてしまうと弱いなということを実感しています。

そんなに、大丈夫ではない

私の状況を言えば、そこまで大丈夫ではありません。いやあんまりいうと心配されてしまうのでそれも本意ではないのですが、事業を存続させるくらい、うちの家族が食べていくくらいは大丈夫です。ただ利益が出てもフラスコなどのシステム投資、本のプロモーションなどに回してしまうので、余剰資金はほとんどありません。攻めの資金がないんです。

今回も商業出版なのでもちろん印税は頂くのですが、本のプロモーションには印税(少なくとも初版の印税)を大きく超える金額が必要です。前の本が売れたと言っても1万部ちょっとで、まだまだ利益が出たといえるほどではありません。そういう意味では全然、強者ではないんですよね。まあこの辺は、なかなか伝わらないかと思いますが。

サラリーマンを救いたい

それはともかく、弱者・強者ということで思い出したことがあります。私がやりたいのは、サラリーマンを自由にすることです。なぜサラリーマンのような強者を救おうとするのか、他に弱者はたくさんいるだろうという指摘を受けることがあるのですが、私はこれにはこだわりがあります。サラリーマンは、弱者だと思っているんです。

もちろん、虐待されている子供とかシングルマザー、もっと言えば発展途上国で生まれた人とか、そういう人よりもサラリーマンが弱いとはとても言い切れないでしょう。しかし、弱いと思われないがために誰からも助けてもらえない人も、ある意味で弱者だと思うんです。大義名分が立ちにくいところをあえてやる。これは私のミッションだと感じたんです。

商業出版という「強者の手法」とクラファンの相性が悪いことは百も承知。それでも、応援してくださる方がたくさんいることに感謝をしつつ、地道にコツコツ信用を積み重ねていくしかない。そんな風に考えています。改めまして、クラウドファンディングにご参加下さい。無理はしなくても大丈夫、一緒にベストセラーを作りましょう!!

AI ChatBot フラスコ君
公式イベント 詳細はこちら
コミュニティー・プラットフォーム 信用の器 フラスコ説明会
フラスコノート会
フラスコ交流会

メルマガに登録する

* indicates required
夢とお金の彼方