「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

コミュニティは内向的な人のためにある

フラスコ代表、安田です。10万人のコミュニティプラットフォームを作ろうとしている私がこういうことを言うと叱られることもありますが、私のコミュニケーション能力は決して高くありません。しかし、いやだからこそ、誰よりもコミュニティを必要としているんです。内向的でコミュニケーション能力が高くない人こそ、自分のコミュニティを持つべきです。

外向的と内向的

そもそも内向的とはどういうことかと論じ始めるとそれだけで1記事書けてしまうので、外部サイトのこの記事あたりを参照して頂くと良いでしょう。端的にいうと、内向的な人は1人で思考したり本を読んでいたりすることが好きで、初めて会う人や大勢の人と交わることが苦手です。内向的な人はだいたい自分が内向的だと理解しており、外向的な人はそんなことはあまり気にしません。

もうこれ、私はズバリ当てはまります。交流会に行くときは心の準備が必要なので、会場の近くのカフェで30分くらい気持ちを落ち着かせてから行きますし、突然かかってきた電話には基本的に出ません。外向的な人から見たら軽い病気(コミュ障、なんて言葉もありますね)に見えるかもしれませんが、単なる個性なのでそっとしておいてください(笑)。必ずしも良い悪いでもなくて、個性ですね。

外向的なら、コミュニティは必要ない

世の中には外向的な人が多いなあと思う中、一定の頻度で内向的な人ともお会いするのですが、そういう方は「私は内向的なのでコミュニティとかはちょっと・・・」と仰ることが多いです。でもそれって実は逆で、どちらかというと外向的な人の方がコミュニティを持つ必要性は低いと思っています。

なぜなら、外向的な人はコミュニティなんて持たなくても、どんどん交流会や他の人のコミュニティに参加してお客さんを見つけたり、グイグイ前に進んで行くことができるからです。初めて会った人とも心を開き、仲良くなることができます(と、少なくとも本人は思っています)。本当はこういう人がコミュニティを持てば鬼に金棒なのですが、わざわざ自分で作ることの必要性がなかなか理解できないケースが多いですね。

内向的な人に残された選択肢

繰り返しになりますが、内向的な人は初めて会う人や大勢の人と交わることが苦手です。なのでビジネスをするとしても人と会わずに済むようなモデルを選択肢がちなのですが、人と会わないビジネスモデルだと得られる収入や長期的に成功する確率はかなり低くなります。もちろん、例外はありますが。

内向的な人がコーチ・コンサル・士業などの集客を必要とする、サービス提供型のビジネスで稼ごうと思うなら、コミュニティを持つしかないと私は考えています。アウェイの交流会や他人のコミュニティでは結果を出しにくいので、ホームのコミュニティを持つしかないという発想です。少しずつ相性の合う人を集めて、コツコツと信頼関係を築いて行くべきです。

内向的な人はリーダーに向かないか

「そうは言っても、コミュニティを持つのは抵抗がある」と内向型の人は言います。コミュニティリーダーと言うと、「先頭に立って突っ走り、あらゆる決断をして、周りを巻き込んでグイグイ引っ張って行く人」みたいなイメージがあるからでしょう。しかしそれは、一昔前のリーダーのイメージです。

今のような変化の早い時代においては、リーダーに求められるのはビジョンです。向かうべき方向性を示すことができさえすれば、他のことは誰かが補ってくれます。むしろ、現代のリーダーは「弱い」方が良いとすら言われています。決断を含めて全てが自分1人でできるのではなく、できることとできないことがはっきりしていて、サポートしたくなるような人物こそがリーダーに向いているという考え方もあるんです。

強みを活かし、弱点を補う

強いリーダーが良いのか弱いリーダーが良いのかは、私にはわかりません。どちらも良いんじゃないの、というのが正直なところです。ただ大切なポイントは、弱いリーダーでも勝つことができて、そしてそういう弱い、あえて言えば内向的なリーダーにこそ向いているのがコミュニティである、ということです。

もちろんやり方にもよりますが、コミュニティは会社組織と比べても多様な人が集まってきて、上下関係は曖昧です。報酬や役職とは関係なく、リーダーが持っていないリソースを補うことができてしかもそれをやりたいと申し出てくれる(内向的な人はこれができませんが、外向的な人は申し出てくれますよね)人が、揃いやすい環境を整えることができるんです。

まとめると、コミュニティを持つことはあらゆる人にとって有益です。そして、とりわけそれを必要としているのは、内向的なリーダーだということです。内向的な人ほど自分にぴったりのコミュニティを育て、苦手なことをどんどん手放していきましょう。それが整っていったとき、あなたの内向性は実はとても強い武器であったということに、気づくはずですよ!

コミュニティー・プラットフォーム説明会
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
研修 詳細はこちら
夢とお金の彼方