「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

それでも私がブログを書き続ける理由

フラスコ代表、安田です。本の出版もあって何かとやることが増えてきましたが、ブログは書き続けたいと思っています。既に書くべきことは大体書きましたし、ブログを書いてもすぐに売上があがるとかそんなことはないのですが、それでも書き続ける理由はなんだろうな、と考えました。

本を出すまでと出してから

正直に言えば、本を出したい人は少なくとも本を出すまでは絶対にブログを書いた方が良いと思います。出版企画を出版社さんに持ち込んだときに、どれくらいのブログを書いているのかは説得力になります。編集者もブログで文章力や根気、つまり一冊の本を書き上げられるかをチェックします。

ブログが直接的に編集者の目に止まって、出版の話がくるなんてこともあるらしいです。こちらは私は経験がありませんが、ブログから問い合わせが来て寄稿が決まったりはしたので、そんなこともあるだろうなと思います。面白い文章を書いていれば、それがそのまま本になるというわけです。

出版してからもブログを書き続ける必要があるかどうかというところは、ちょっと迷いました。本を読んでもらえば、そのあたりの「品質証明」は終わったような感覚があるからです。とはいえ、本はライターさんを使ったりして自分で書いているかどうかもわかりませんし、ある程度の文章は世に出し続ける必要はあるかなと考えています。

SEOで劇的なことは起きない

ブログを書き続けるとSEOつまり検索で引っかかる力が強くなり、お客さんが殺到するのかといえば、最近はそんなこともないような気がします。毎日書くとか、ときどきバズを起こせばまた違うのでしょうが、淡々と週に1〜2回書く程度では、特に何も起こらないのではないでしょうか。

これはアフィリエイトも同じで、淡々と書き続けて気がつけば月収100万円!みたいなことはもう、起こらないでしょう。圧倒的な熱量を持って大量の文章を書いたり、人の心に刺さる文章・バズる文章を書き続けてようやく何かが起こる、という感じにSEOの世界はなっています。

それでもやはり初めての出会いがある

そんなわけで、多少頑張った程度ではSEOで大量に人の目に止まるということはないのですが、SNS経由などで見てくれる人は確実に一定数はいます。で、見てくれさえすれば何かが起こる可能性は常にあるわけです。もちろん、それなりにちゃんとした文章であるとか、独自の切り口やメッセージ性があることは大前提です。

そうやって見てくれる人の中には、ある程度の割合でお会いしたことのない人もいるわけです。そして、やはり一定の割合で本を買ってくださったり、イベントに参加して頂ける方もいらっしゃいます。それが最も効率的かとまで言われると微妙ではありますが、ブログを書く意味は確実にあります。

全く世に知られていない自分という人間や事業を、知られようと思ったら広告を使うか交流会やイベントなどのリアルに頼るか、あとはブログやSNSなどによる情報発信しかないわけです。得意なところで努力すれば良いのであって、私にとってはそれが文章だというだけの話です。

少しずつ本を書いている感覚

出版に関しては、今回の『新しい副業のかたち』だけで完成というつもりは全くありません。次回作、次々回作と継続的に出していきます。だったらブログなんて書かずに本に集中すれば良いかというとそんなこともなくて、ブログを書くことで企画が進んでいく感覚があるんです。

本を一冊書くとなると10万字くらいの文字数で、まあ7〜8章×4〜5項くらいの章立てになります。つまり一つのパーツはだいたい、2〜3千文字くらいなんですよね。このブログは必ず2千文字以上を書くと決めていて、良い練習になると同時にネタを蓄えていっている感じです。

すごく雑に言えば、ブログ30記事分で一冊の本になるというか。2千文字の文章を3千文字にふくらませるのは簡単なので、そういうことも可能ではあるわけです。と言ってもそこまで本から逆算して書いているわけでもないのでそんなに単純ではありませんが、ネタが溜まるのは事実です。

文章を書き続けることで信用を溜める

でもやはり、ブログを書き続けることの本質は「信用を溜める」ということにあると考えています。あなたの回りにも「今度こそメルマガやります!」といってすぐに届かなくなってしまう人とか、ブログを書きはじめて3記事くらいで終わってしまう人がいると思います。

その人の専門性がなんであるかに関わらず、何かの仕事をお願いするときにそういう人を選ぶでしょうか。私だったらちょっと避けてしまいます。簡単な作業ならやってくれるかもしれませんが、大きなプロジェクトだったら途中で嫌になって最後までやり遂げてくれないかも、と想像してしまうので。

ブログを書き続けることの最大のメリットはやはり、「この人は逃げないだろうな」と思ってもらえることでしょう。小さなことのようですが、大きな会社の後ろ盾がない起業家にとっては、それは死活問題だったりするんですよね。やっぱり、ブログは重要です!

コミュニティー・プラットフォーム説明会
サークルモデルセミナー
ビジネス構築セミナー
研修 詳細はこちら
フラスコで学べる講座
人生計画研究会
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
夢とお金の彼方