「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

イベントができなければ、オンラインサロンをやったら良いじゃない

フラスコ代表、安田です。「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」とはマリー・アントワネットの言葉と言われていますが、実際には言ってないらしいですね。それはともかく、できないことを嘆いていないで、今の環境を追い風に変える方法を考えましょうという話です。

コロナ影響で厳しい業界

今日の安倍首相の会見でもありましたが、新型コロナウィルスでの「3密」自粛要請を受けて少なくとも当面の間、厳しいのは旅行・運輸・飲食・イベントなどの業界でしょう。今のところは自粛レベルですがそれでも影響は大きく、これから先は感染者が増えれば都市閉鎖(ロックダウン)もありえます。

逆に追い風になり得るのは、まず人工呼吸器・消毒・マスクなどウィルス対策、書店や動画にゲームなどの家庭で楽しめるエンターテイメントを提供している業界、テレワーク関連などオンラインでのサービスを提供している業界でしょう。

そして業界によっては、やりようによっては追い風に変えることができる、というところもあるでしょう。飲食であれば宅配、エンターテイメントや教育であれば動画の配信、そしてイベントであればオンラインでの開催などです。

フラスコも影響は受けている

コロナの影響で、フラスコはそれほど影響を受けないのかなとわりと楽観的に構えていたのですが、数は多くはないものの「イベントが開催できない、参加できないので退会したい」という方が出てきました。個人事業主や中小企業の方も多いので、本業の見通しが立たなくなったというのが本音かもしれません。

私としてはこの反応を、フラスコはまだ「イベント集客の仕組み」と思われているのだなと意外な想いで受け止めました。集客できるから参加して、できないから辞めるではプラットフォームとしてはダメです。短期的なメリットを求める人をいくら集めても、ちょっとした環境の変化で離れていってしまうことがはっきりしました。

フラスコとしても逆境ではありますが、歯を食いしばってシステム投資をしてオンラインサロンの機能を強化しつつ、「中心」であるサラリーマンの方の起業・副業の支援、「稼ぐ力」を身につけることにより注力して本当に強いコミュニティ・プラットフォームとしていかなくてはならないと痛感しているところです。

オンラインでのサロン、イベントには追い風のはず

それはそれとして、「参加できるイベントが少ない」というのはわかるのですが、「イベントができないから」という方には違和感があります。小規模のイベントであればできなくはないからですし、ほとんどのイベントはオンラインで実施することも可能だからです。私も飲食イベントだけは気をつけていますが、セミナーなどは普通にやっています。

確かにリアルの方が初心者向けではあるので推奨していますが、イベントがリアルかどうかは、実はそんなに本質的な問題ではありません。Zoomを使いこなすためにはさほど難しいこともないので一度やってみれば十分ですし、むしろいつもより集客はしやすいかもしれません。

今はみなさん、エンターテイメントや学びには飢えているので。前回の「フラスコ読書会」もオンラインでの開催でしたが、かなりの盛況だったようです。ましてや、オンラインサロンを作っていくにはこの環境は追い風とも言えます。オンラインでの価値を、高めていくことを検討するには良い時期です。

どこかで反動がくるのは確実

正直、私はコロナ騒動が収束するまで数週間というような短いサイクルだとは考えていません。通常の状態に下手すると1年以上、かかるかもしれません。かといって、この状態が今後はずっと続くというのも悲観的に過ぎるでしょう。アルコール殺菌や咳マナー、ソーシャルディスタンスといったことは常識になるかもしれませんが、いずれ脅威は収束します。

そうなったとき、人は対面でのエンターテイメントや学びといった刺激を強く求めることでしょう。需要は跳ね上がる中でライバルは減っていて、ビジネスとして良い環境になることはほぼ確実と考えられます。タイミングはともかく、そうなることは間違いないと考えています。

「稼ぐ力」の仕込みには絶好のタイミング

今の環境を短期的にプラスに転じようとまでは言いません。逆風は逆風として所与の環境として受け止めて、「稼ぐ力」の学びと仕込みを徹底してやっておきましょう。私もフラスコの仕組みや提供する価値をより筋肉質なものとすべく、徹底的に見直しています。本もたくさん、読んでいます。

そうやって準備をするか、単に政府のせいにしたりして逆境を嘆いて何もしないかで、遠くない将来の「稼ぐ力」に大きな差が付くと思います。順境でビジネスを成立させるのは誰でもできます。逆境でも成長するビジネスを作るほうが、やりがいがあります。腕の見せどころですね。

コミュニティー・プラットフォーム説明会
サークルモデルセミナー
ビジネス構築セミナー
クラウドファンディング
研修 詳細はこちら
セールスファネル・ラボ
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
夢とお金の彼方