「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

緊急事態宣言下のフラスコ運営について

フラスコ代表、安田です。結論から言えば、緊急事態宣言が出された場合でも、フラスコについては特に運営に変更はありません。ただ個別のイベント等については影響を受けるところもあろうかと思いますので、まだ宣言内容については詳細明らかではありませんが、考え方をまとめておきます。

緊急事態宣言とは何か

緊急事態宣言について、私も人並み以上の知識があるわけではありません。このあたりの新聞記事をざっくり読んで理解している範囲です。「緊急事態宣言、首相が意向固める 東京や大阪など検討」で、記事によるといわゆる「ロックダウン」とは異なり、「街を歩いていたら罰金」みたいなことにはならないらしいです。

これに先立って東京都では、

東京都の小池百合子知事は3日に国が緊急事態宣言を発令した場合に備えた対処方針を公表した。外出自粛や大規模施設の使用、イベント実施の制限や停止を要請する。食料、医薬品を扱う店舗や銀行など社会インフラには引き続き営業を認める。鉄道など交通網も維持する。

とのこと。ほぼ記事からの引用で恐縮ですが、変に主観的な解釈を入れて書くよりもよほどその方が良いという考え方ですので、ご理解下さい。こういう場合、信頼できる情報ソースをきちんと理解することが大切と思いますので。

これを見ると「今と何が違うのか」という感じもしますが、より強い危機感を表現するための緊急事態宣言だという理解です。東京が出す方針は「テンプレ」となり、首都圏の他の県や、大阪などでも同様の処置がなされるものと考えられます。

宣言はいつされるのか、期間は

宣言のタイミングとしては、まあ本日中か遅くとも明日には出されるでしょう。日本医師会や東京都から要請を受け、東京都の1日あたりの感染者数が100人をコンスタントに超え、かつ経路不明がコントロール不能なくらい増えてきたタイミングでの発令なので、いろんな考え方はありますが個人的には妥当な範囲だと考えています。

緊急事態宣言は「期間を定めて」出されるとされており、普通に考えるとまずはコロナウィルスの潜伏期間とされている14日間で、その後は状況を見ながら延長もありうる、みたいな感じかなと予想しています。このあたりは、正式な発表が出たらそちらをご確認下さい。あくまで予想として、まずは明日から2週間というところでしょう。

影響を受ける業種

緊急事態宣言が直接影響を受けるのはこのあたりです。

東京都や大阪府などはすでに夜間や休日に不要不急の外出を自粛するように要請している。宣言が出れば都道府県知事は法的根拠をもって要請や指示ができる。

首相が2月に要請した大規模イベントの自粛なども、発令後は都道府県知事が学校や映画館、百貨店などの施設に対し、法律に基づく使用制限を要請できる。外出自粛やイベント施設の使用停止を要請できる。

事業者が正当な理由なく要請に応じない場合、要請よりも強い「指示」を出すこともできる。これらの要請や指示に罰則規定はない。

ロックダウンとは異なり罰則規定はないとは言っても、そこは日本国民はしっかり空気を読みますから、不要不急な外出をする人はほぼいなくなるでしょう。エンターテイメントや学びは不要不急と判断されるでしょうから、実質的にはロックダウンとほぼ同様の効果が出るものと考えられます。

各種イベントの運営

これを受けて、緊急事態宣言期間中は、小規模とはいえリアルでのイベントを開催することは難しくなろうかと考えています。もちろん、各種イベントの運営については各主催者が参加者の方の意向を踏まえて判断するということではありますが、一般的にはそうなるでしょう。

この環境を機会と捉え、今までオンラインに苦手意識があった方もぜひ、オンラインでのイベント開催にトライしてみて下さい。セミナーや面談はもちろん、交流会や飲み会も、リアルと比べると100%の効果とはいかないかもしれませんがオンラインでも十分に実施可能です。

オンラインでイベントが実施可能であれば、遠方の方や小さなお子さんを抱えてなかなか出歩くことができない方などにも価値を届けることができ、主催者もコストが削減できて時間も生まれます。今はオンラインならではの良いところを確認しておくのも、ビジネスの発展に長期的にはプラスになりますよ。

フラスコとフラスコ公式イベント

なのでフラスコは、緊急事態宣言を受けても今までと何ら運営を変えません。むしろフラスコが注力しているオンラインサロンの開設については、この環境は追い風とすら捉えています。「リアルのイベントをやろうとしても、今は告知しづらくて・・・」という方も、オンラインのイベントなら堂々と告知できるのではないでしょうか。

いくつもあるフラスコ公式イベントも、できるだけ期間中もオンライン化して継続します。コロナ騒動が落ち着けばみなさん「やはりリアルのイベントが最高だ!」という雰囲気になることは十分に予測されますが、今はオンラインの良さを確認するべき時期だと考えています。

サークルモデルセミナー』や『ビジネス構築セミナー』についても順次、オンライン開催も対応していきますので、「興味と時間はあるがコロナが怖い・・・」と思っていた方はぜひ、ご参加下さい。お待ちしています!

コミュニティー・プラットフォーム説明会
サークルモデルセミナー
ビジネス構築セミナー
クラウドファンディング
研修 詳細はこちら
セールスファネル・ラボ
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
夢とお金の彼方