「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

「FIRE」について思うこと

フラスコ代表、安田です。流行ったのは少し前ですが、いまさらながらFIREについて考えてみましょう。経済的自立と早期リタイアが、そんなに良いことだとは単純には思えません。条件付きで賛成、という感じです。

FIREとは

FIREというのは「Financial Independence, Retire Early(経済的自立と早期リタイア)」という言葉の略語です。典型的なアメリカンドリームとして、キャリアの主要なゴールの一つが、経済的に成功して早期にリタイアすることだと言われています。たとえばスタートアップを成功させて数百億円を手に入れて、サーフィンでもしながら悠々自適の人生。憧れますよね。

ただ少し前に流行ったFIREという概念はこのような経済的な「成功」ではなくて、「自立」をゴールとする考え方です。贅沢な生活を前提とはせず、いくらあれば1年間生活できるのかを明確にして、それから逆算した資産を形成すれば仕事を辞めても大丈夫だよね、ということです。為替レートを活用して、物価の安い国に住むことで豊かさを得ることもできますよと。

FIREが目指すゴール

この理論では平均的に、税引き後で4%で資産運用できるものと考えます。そこから、具体的に必要な資産額が割り出せます。もしあなたが年間300万円で生活できるのであれば、その25倍の7,500万円を貯めれば良いということです。7,500円の4%、つまり300万円が毎年増えるなら、その分だけで生活すれば元本は減りませんよね。ほら自由!っというわけです。

実際、過去の実績を長期的に平均すれば、株式の運用益は6〜8%です。運用益から税金が引かれるとしても、4%ならいけそうな気もします。「年5%くらいなら目指せる」と書いてある資産運用の教科書も多いです。投資の世界分散、アセットクラス分散、時間分散など組み合わせれば平均4%はあながち、無理な目標ではないと私も思います。

FIREが持つリスク

ただ、ここで6〜8%とか言っているのは過去の期間を長期的に平均したらそれくらい、という話なのであって。もちろん今年の株価が何十%も下落するとか、向こう5年間ずっと株価が下がり続ける、などは普通に起こりうることです。「いやいやヘッジファンドなら株価が下がる局面でも利益を出せますよ」と反論する人がいるかもしれませんが、そんなにうまくはいきません。

まだしも債権利回りがもう少し高ければあるいは・・・と思いましたがやはりインフレのリスクもありますし、さっきの例なら1億円とか2億円とか、相当分の余裕を見ておかないと完全なリタイヤはかなりリスクが高いと言えるでしょう。若くて健康なうちは海外で年300万円で生活できたとしても、病気をしたり子供が生まれたり、人生にはいろんなリスクもありますし。

そんなに仕事が嫌なのか

なので、年収の25倍のお金が貯まったらリタイヤできる!というのはシンプルで魅力的な提案だとは思うのですが、本当に仕事を辞めてしまうのはお勧めできません。サラリーマンだったらキャリアを一度中断してしまうと、何かあっても元にに戻るということはできませんから。1〜2年で「何かあれば」再就職も可能でしょうが、10年とか経ってからだときついですよね。

そもそも、仕事を辞めて悠々自適って、そんなに魅力的なゴールでしょうか?「毎日の仕事がきつい、辞めたい」という気持ちになるのは良くわかりますが、しばらく休んで旅行に行くくらいじゃだめなんですかね。あるいは、きつくないやり方ができる会社に転職するなり、自分でゆるくビジネスを立ち上げるなりしてバランスを取るのということは考えられないでしょうか。

ハイブリッドFIRE的な感じが良い

結論として、FIREの状態を達成すること自体は素晴らしいと私は思っています。ちゃんとお金を貯めて、資産運用をやって、「仕事をしなくても生きていける」という状態にした上で(あるいはその状態を目指しつつ)、仕事を含めて好きなことをやれば良いと思うんです。「仕事=辛いこと、嫌なこと」という前提が、ゆがんでるよなあって。

逆に、金融資産なんてなくても、ビジネスで安定的に必要なお金が入ってくるような仕組みを作っておけばFIREは実現できるという考え方もできます。私もまあ、自分ひとりだけなら今すぐにでもFIREできます。ビジネス版のFIREですね。BIREとでも言うんでしょうか。でも家族もいますし、何より仕事が楽しいので、まだまだ辞めるつもりはありません。

ビジネスの仕組みの方も将来のリスクはゼロではないので、FIREとBIREを組み合わせ、その上で好きなことをするという状態を目指していきます。副業禁止なら投資から始めるしかないかもしれませんが、ビジネスを作れる人はビジネスを作るところから始めた方が、理想的な状態には早く到達できるのにな、とも思いますね。B⇒Fの順番が、良いんじゃないでしょうか。

稼ぐ力であなたの人生を進化させる
公式イベント 詳細はこちら
コミュニティー・プラットフォーム 信用の器 フラスコ説明会
フラスコノート会
フラスコ交流会

メルマガに登録する

* indicates required
夢とお金の彼方