「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

集客のじょうごを作るのが、すなわちビジネスを作ること

フラスコ代表、安田です。知らず知らず、ブログの内容が少しずつマニアックになっている気がするので、初心に戻ってビジネス初心者の方向けに書いてみます。集客のじょうご、大切ですよ!

「商品」があることが前提なのだけど

月数万円稼げれば良いという趣味や副業のレベルならともかく、月数十万円とか百万円という「本気」で起業をしようと思ったら、まずは「商品」が必要です。ある程度は高額の、価値の高いしっかりした商品・サービスを作りましょう。誰の、どんなお悩みを、どのように解決するのかを決めていきましょう。

それが明確になっていて初めて「商品」があると言えます。ほとんどの人は起業をしてからも商品らしきものはあっても「商品」がありません。まあこれについてはご要望があれば私もアカデミーやダーウィンでサポートしますし、フラスコ君に相談して頂いても多少はお役に立てると思います。

いきなり高額の商品は売れない

「商品」があっても、それがいきなり売れることはありません。ホームページなどに詳しく商品の説明を書いて申し込みボタンを設置しておいても、ほとんど売れることはないでしょう。それじゃあというので交流会などで人に会って、そこで会った人に「商品」について熱弁しても、やはりなかなか売れません。

それはそうで、逆の立場で想像すればわかるのではないでしょうか。良く知らない人から、いきなり商品の価値をぐいぐい説明されてもちょっと引きますよね。たまたまそういうものを探していた、みたいな奇跡的なことでもない限りは、買わないでしょう。3千円くらいならお付き合いで買っても、高額商品だとなかなか。

なので、高額商品を買ってもらおうと思ったら、まずは信用を得る必要があるのです。おすすめは、セミナーの開催です。セミナーで先生としてのポジションを確立し、選んでもらう。絶対にセミナーしかないというわけではありませんが、何か買ってもらうためのパターンというか、仕組みづくりが必要です。

安ければ売れるというものでもない

セミナーの良いところの一つとして、数千円程度とお手頃な価格で受講できるということがあります。この他にも交流会を主催したり飲み会を開催したりといった、参加しやすい「フロントエンド」と言われるセミナー・イベントを持つことはビジネス上で重要、もしくはある意味で必要なことです。

このフロントエンドは、安かったりときには無料で提供されることもあるのですが、安いからといって誰もが参加してくれるわけではありません。みんな予定が詰まっていて、時間は貴重です。だから興味があるものしか参加しないのは当然です。

ドモホルンリンクル無料お試し(フロント)と言われても、お肌をきれいにしたいと思っていなければ、わざわざ電話をかけて受け取ったりはしないものなのです。不動産を内見に来てくれたら5千円分のギフト券をプレゼント、とかもありますよね。価格がマイナスでも、やっぱり興味がなければ行きません。

まずは知ってもらうことから

それでも、ドモホルンリンクルや不動産内見の話は私やあなたに知られているだけ、可能性があります。たまたま今は興味がないけれど、顔のこじわが気になったりマンションでも買おうかと思ったらこれらを思い出すかもしれません。まずは知ってもらうことは大切で、膨大なコストをかけてそれをやっているんですね。

大手ならこうして広告費をかけて多くの人に一気に知ってもらうこともできますが、スモールビジネスではそうもいきません。だからこそこうしてブログを書いたり、メルマガやYouTubeをやったり、SNSを駆使してなんとか知ってもらおうと努力しているわけです。情報発信というのはつまり、そういうことなんですね。

私の場合だと出版も、情報発信の一つです。本屋さんでたまたまみかけて手に取ってくれた方が、フラスコのメルマガを知ってくれたりこのブログにたどり着いたり。そしてノート会やセミナーに来てくれたら良いなあ・・・という期待を込めて、本を書いているんです。もちろん、目的はそれだけではありませんが。

少しずつ、なだらかな階段を上る感じ

つまりまず情報発信であなたやあなたの商品の存在を知ってもらい、その中の何%かの人に興味を持ってもらう。さらにその何%かがフロントイベントやセミナーに参加してくれて、またまたさらに数%が個別相談に来てくれて、何%かが購入してくれる。さらにはその何%かがリピートしてくれて・・・と続きます。

こういう「集客のじょうご」を作ることが、すなわちビジネスを作ることです。たとえば10万人の人に知ってもらって、結果として100人に購入してもらう、そんなイメージですね。どんなビジネスも、多かれ少なかれこういう構造になっています。あなたが乗っている車や、今、飲んでいる缶コーヒーでさえも。

そしてその「じょうご」は、なだらかである方が良い。高額の商品をいきなり買うのに抵抗感があるのはもちろんですが、セミナーもちょっと怖かったりするものです。だからまずはランチ会からかなあ・・・とかそんな感じです。いきなり全体像を見ると大変に思うかもしれませんが、それを1つずつ、少しずつでも積み上げていくのがビジネスなんですよ。

AI ChatBot フラスコ君
公式イベント 詳細はこちら
コミュニティー・プラットフォーム 信用の器 フラスコ説明会
フラスコノート会
フラスコ交流会

メルマガに登録する

* indicates required
夢とお金の彼方