「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

フラスコは何なのかをひとことで言うと

フラスコ代表、安田です。提供しているサービスをひとことで言うのが難しい、というのがフラスコの弱点なんです。これができれば人から人に伝えてもらって、爆発的に広がっていくと思うんですけどね。「うちは何屋さんです」って言い切るのが起業の基本でもあるので、憧れるのですが・・・。

ひとことではなかなか言えないけれど

主にパーティーなどでお会いした人とのやりとりで、よくあるのが以下です。

「フラスコっていうのは、ひとことで言うと何なんですか?」
「コミュニティ・プラットフォームです」
「意味がわからないです」
「うーん・・・信用の器です」
「ちょっとイメージできないです」
「・・・イベントに集客できる仕組みです」
「なるほど!それがわかりやすくて良いですよ!」

っていう。そうじゃないんだけどな、と思いながらです。何か他にそっくりのサービスがあれば「○○を△△にしたみたいな仕組みです」と言えるんですけど、それがないんですよね。これはフラスコの面白いところでもあるので、仕方ないのですが。

引き続きひとことでというわけにはいかないのですが、ようやくシステムとコンテンツと人が揃ってきたので、以下の3つくらいをお伝えさせてもらえれば大体、全体像を捉えているかなと思えてきました。

1.「稼ぐ力」を身につけるためのあらゆる学びが揃う

当初から目指しているのは、これです。フラスコは起業についてまだ何も知らない人が「学ぼう」と思った時に、あらゆる学びが揃う場です。コミュニティという形で多くの人が教えを持ち寄ることで、いずれは全ての学びが揃うという考え方ですね。

このコミュニティによる教えに加えて、ようやく私自身も「コミュニティビジネス」というコンテンツをしっかりと提供できそうです。正直当初は「人生計画」「コーチング」を学んだらあとは試行錯誤で良いと思っていましたが、基本となるところは自前でお伝えできるようになります。

コミュニティを使いこなして、成功できる人を育てていくことができるようになるんですね。これでようやく、「あらゆる学びが揃う」と言い切れるようになりました。

2.イベント・セミナーへ集客できるポイントシステム

これも、ポイントの使用を核としたイベントシステムが整ってきましたし、さらにはイベントも月40〜50くらいが安定して開催されるようになりました。イベントのバリュエーションが多ければ、ポイントを使えるメリットが大きくなり、好循環が起こります。

ポイントを使って活動する人が増えるとイベントの主催者にとっては集客効果が大きくなりますから、イベントをやってみようかなという人が増えて、というわけです。「集客できる」というところが言って良いのかな・・・という葛藤がありましたが、そろそろそう言い切っても良いかと。

そもそもは他に使いやすいシステムがなかったので自分のために開発を始めた、というのがフラスコのイベントシステムなので、これ単体で全てのイベントを管理できるレベルのものになっています。フラスコの正会員になるとイベントシステムが使えるというだけで、元は取れてしまうんです。

3.自分だけのコミュニティを育てる、信用の器の実験室

そしてある意味、もっとも未完成なのがここだったりします。コミュニティの入り口はイベントなので、イベントシステムが優秀ならそれで良いとも思うのですが、コミュニティのシステムとしてはまだまだ伸びしろがあります。SNSも自前では持っていないですしね。

そうは言っても、現時点でも優れた人が集まっているということ自体がコミュニティプラットフォームとしてのフラスコの最大の強みだとは思っています。300人くらいを目指していくのなら今のままただ頑張れば、届くと思います。でも我々は、10万人のプラットフォームを目指していますから。

コミュニティプラットフォームとして決定的な強みを持つにはどうしたら良いか、ここは日々頭を悩ませているところでもありますし、実験を繰り返している部分でもあります。すぐに答えは出ませんし、永遠のテーマとも言えるかもしれませんね。

それでもまだまだ、奥行きが・・・

この3つを言い切った上で、それでもまだまだ奥行きがあるんですと言いたくなってしまいます。フラスコが作り出しているのはポイント経済ですし、そこからはオンラインサロン(サブスクリプション)やクラウドファンディング、投資や寄付といった大きな経済が生まれてきます。

10万人のプラットフォームになるにはシステムだけではなく、人を育てて組織を整えたりコンテンツを揃えたりといった課題もまだまだあります。5年後のフラスコは、今とは全く違った形になっている可能性が高いでしょう。まだまだ、面白くなるはずなんです。

そんな話をできるだけお伝えしようと思ったら、とてもひとことでは終わりません。むしろ、何ヶ月もかけてお伝えしていく部分もたくさんあります。フラスコがやっていることは、そういうことなんだという確信を得つつあります。ええ、フラスコの魅力はひとことでは伝えることはできませんよ!

コミュニティー・プラットフォーム説明会
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
研修 詳細はこちら
夢とお金の彼方