「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

自分の子供が「Youtuberになるから学校は行かない」と言い出したらどうするか?

フラスコ代表、安田です。タイトルを見て「そんな子、いないだろう」と思った方も多いかもしれませんが、ある方から聞いた実話です。あ、我が家の話ではありません。でも、我が家を含めて誰にでも起こりうる話として、真剣に考えてみましょう。

Youtuberの社会的な位置付け

たまたま今朝、Newspicksの記事でこんなのを読みました。『【完全解説】これが最強の「インフルエンサー」10組だ』なんと、中学生の男子では将来なりたい職業の3位がYoutuberなんですね。中学生男子は全員厨二病だというのは差し引いても、Youtuberが人気の職業として認識されているのは間違いないでしょう。

うちにも小学生の子供が2人いるのですが、ゲーム・テレビに加えてYoutubeは当たり前に楽しんでいます。なのでゲームクリエイター、テレビ局での仕事がしたいというのと同じような感覚でしょう。でもそういうクリエイターなら「勉強も大事だよ」と言えるのですが、Youtuberはそこが少し特殊といいますか。

Youtuberが「ちゃんとした」仕事であることはかなりわかってきていますが、直感的にはまだまだ親世代には理解しずらいので「そんな不安定な生き方は我が子にはして欲しくない」と思ってしまうのが正直なところですよね。親からしたら、役者になるとか音楽や芸術で生きていく、と言われた感覚に近いですかね。

そして重要なことに、記事にもある通りトップのYoutuberは実際に億を超える年収を得ています。ゲームの実況をしているだけで高い収入が得られるとしたら、これは夢の職業です。発想としてはサッカーが好きな子がJリーガーになるというのともっとも近いですかね。だから学校の勉強は意味がない、と言われると、反論が難しいところです。いやそもそも、反論するべきところなのかもちょっと迷いませんか?

伝統的な考え方なら

このことについて考えたとき、最初に頭に浮かんだのは「うまくいくかわからないのだから、勉強はしておくべきだ」「学校で一定の社会性は、培っておくべきだ」という、我ながら古い考えでした。その次が「Youtuberになるにしても、普通の人の生活は知っておくべきだ」ということでした。

でもこんなことを言われて、その子が「そうだな、やっぱり学校に行っておこう」と思うだろうかと考えたとき、答えはノーでした。私が子供だったら、そんな説得では心が動かされません。大人はその方がなんとなく安心でしょうけれども、これらは本当に子供のことを考えたアドバイスなのでしょうか。

あまり強くこれを言い切れない背景には、学校で受けられる教育がそこまで大したものか、時代の変化に耐えられるものだろうかという疑問を大人たちが持ってしまっているということもあります。もしかしたら、小学生の頃からYoutuberに全額ベットした生き方ができるのであれば、それって意外といけちゃうんじゃない?どこかでそう思ってしまうんですよね。

ヒカキンさんをベンチマークにする

なのでここは発想を変えて、トップYoutuberが何をしているのかを追ってみるのはどうでしょうか。少し前の情報ですが『ヒカキン、億単位で稼ぐも「食事はコンビニ。飲みにも行けない」 過酷な生活に「長生きはしないと思う」と識者』という、タイトルだけでほぼ伝わる(笑)記事があります。

ヒカキンさん(うちの子はさん付けです)は1日何本も動画をアップしてますし、その編集には放送の数倍の時間がかかります。ネタ探しや企画をしたり、ボツになった動画もあることを考えると、実質的な1日の労働時間は12時間を超えるのではないでしょうか。ゲームの動画だから楽、というのは全くの間違いです。

もちろんこれはトップの人の話ですが、Youtubeの世界はトップ集団と2位集団の差は大きな世界です。「まあ年収1千万円くらいで楽しくやろう」というバランス感で長く続けることはなかなか難しいのではないでしょうか。めちゃくちゃ頑張って、ようやく食べていけるようになるという厳しい世界です。

むしろ今日からやってみたら?

ということを子供に伝えた上で、むしろ「将来なるなんて言ってないで、今日からやってみたら?」というのが正解な気がしてきました。だって、小学生だからってYoutuberになれない理由は何もないですからね。広告料などの契約的なところは、とりあえずは親の名前を貸してあげれば良いですし。

機材が必要なら、買わせてあげれば良いでしょう。費用は新聞配達などのアルバイトで稼ぐか、子供への貸付です。プロのYoutuberになるのだから、もちろん稼いで返すのでしょう。最低限必要な機材なんてたかがしれています(極論、スマホ一つでもできる)から、誰でも今日からでも始められるんです。夢がありますね。

学校に行かなくて良いと思うなら、行かなくても良いよ。だけどまさかその時間、だらだら他人のYoutubeを観て過ごすわけじゃないでしょうね。ヒカキンさんとまではいかなくても毎日1本ずつでも良いから、動画をアップしていくら稼げるかやってごらん!応援しているよ!これが親の取るべき、正しい態度であるような気がしてきましたが、どうでしょうか。

コミュニティー・プラットフォーム説明会
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
研修 詳細はこちら
夢とお金の彼方