「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

学びが趣味なら停滞し、学びが投資なら加速する

フラスコ代表、安田です。何かを学ぶというのは、楽しいものです。楽しいがゆえに、ともすれば学ぶことが目的化してしまいがちです。趣味としてお金を消費して学んで楽しむのか、ビジネスとしてお金を投資して学んで投資を回収するのか。その考え方一つで、大きな差が出てきますよというお話です。

サラリーマンの学び

私はサラリーマン時代、資格マニアでした。それなりの資格試験だと受験だけでも数万円かかりますし、合格すれば毎年の更新をするだけで数万円です。当然、受験の準備のためには数十万円もする教材を買って、学校に通ったりもします。会社の研修等を除いても、本代も含めれば普通に数百万円は学びに投資しています。

当時の私は、それを自分に対する「投資」だと思っていました。資格を取ることで体系的な知識が身につくし、会社からも認められていずれ給料も上がるだろう。投資は回収できるだろうと考えていたんですね。そういう意味では、日本生命に就職できたことで大学の学費というのは回収できる投資だったなあと思います。

しかし、サラリーマン時代の資格試験に費やしたお金と時間は、十分に回収できる見込みのある投資ではなかったと思います。ほとんど給料には反映されていませんし、起業をするときに資格が役立ったのは、「まあ最悪の場合でもこれで食べてはいけるかもしれない」という気休め程度でしたし。だったら数百万円を貯金しておいた方がマシだったかもしれません。何より、費やした時間が膨大でしたから。

「清水の舞台から飛び降りる」金額

明らかに学び方が変わったのは私が会社を辞める1年前、起業を決めてからでした。忘れもしない最初の「高額講座」の金額は3万円でした。今考えると3万円で何を躊躇していたのだろうと思うのですが、当時の私にとっては公的資格でもない、普通のセミナーで3万円というのは決断するのに勇気のいる金額でした。

実際の受講まで1週間くらい迷いました。「1時間あたりいくらなんだろう・・・」「時給にしたら何時間分なんだろう・・・」とか今考えれば意味のない割り算を何回もしたりして、清水の舞台から飛び降りるような気持ちで申し込みをしたことを鮮明に覚えています。そして受けてみたら、景色がガラッと変わったんですよね。

そこで本当の意味では初めて、ああ学びというのは投資なんだと気づきました。それからあらゆるフロントエンドのセミナーを見て回り、1年間で20万円くらいの講座を3つと40万円くらいの養成塾を1つ受講して、起業の日を迎えました。もう怖さはあまりなく、そのいずれもが血肉となって今のビジネスの中で生きています。

起業家の学び

起業してからも、数万円の学びならほぼ迷いませんし、数十万円の学びでも必要であれば飛び込むようにしています。起業してから3年が経ち、ある程度きちんとビジネスの形ができてきた今となっては、以前に比べてより明確に「この学びは投資として回収が可能かどうか」が受講前にわかります。それが起業家の学びなんですね。

楽しそうだからお金を払うということは少なく、基本的には回収の可能性を判断してから投資を決めます。ビジネスが成長してくればお金よりも時間の価値が相対的に高まっていきますから、ちょっとしたイベントに参加するときも「この時間にはどんな意味があるのだろうか」と常に考えて行動をしています。時間の投資なんです。

何をしていても純粋に楽しむということはなく、休みの日ですらそれがどんな意味があるのか、必ず何かの形で投資を回収しようと考えて生きているようなところがあります。良くも悪くも、それが起業をするということです。オンとオフの境目は曖昧になるので、それが心地良いと感じる人はきっと起業に向いています。

投資可能額が無限大になる世界

この考え方を突き詰めていくと、確実に回収できるのであればいくらでも投資して良いということになります。理屈の上では何百万円の学びであろうと、その価値が金額を上回っているのであれば行け、という判断になるんです。ここでいう価値とは、シンプルにその学びで得られる自分のビジネスに関する利益の増分です。

時間は有限なのであらゆる学びを体験するというわけにはいきませんが、投資可能額は無限大になるんですね。世の中のあらゆる高額セミナーを受けまくっている人には2種類あって、ひとつはこの状態にある人です。もうひとつはただ単に高額セミナー依存症になっている人です。この差は絶望的に大きいので、気をつけてください(笑)。

何が言いたいかというと、学びを趣味と考えている間は人生は停滞しがちで、学びを投資と捉えている人の成長はとても早く、ビジネスも成功しやすくなりますよということ。そして私が『コミュニティビジネス基礎コース』を提供する理由は、私が最初に受けた3万円の講座で見える景色が変わった経験を、多くの方に体験して欲しいからだということです。12月16日(日)に年内最後の開催をしますので、ご都合の合う方はぜひご参加ください。

コミュニティー・プラットフォーム説明会
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
研修 詳細はこちら
夢とお金の彼方