「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

過去のバズりを振り返る2/3

フラスコ代表、安田です。過去のバズりを振り返るシリーズ第2弾。今回はPV6位から4位です。でもこうやって振り返ると、バズった記事というのは全てが必ずしも心を込めて必死に書いた記事ではないのですが、読んでて面白いなとは思います。良い感じに力が抜けているのかもしれませんね。

バズと炎上の違い

ところで、バズと炎上ってどう違うと思いますか?これ実は、明確な正解はない問いなんです。人によっては「おんなじだよ、そんなもん」ってバサって斬って捨てますし。ただ私としては当時、ある程度の基準を持って書いていました。ある一定の水準を超えてネガティブコメントが多かったら炎上だなと。

どんなにきれいにバズっても、ネガティブな批判コメントがゼロにはなりません。「しょうもな」「暇なのか」「長い」「短い」とか書く人は必ずいますから。私の中での基準は、ネガティブコメント1割なら全然オッケーかなと。だいたいここでも、2:6:2の法則が成り立つと言われていて、まあネガティブ2割までは許容範囲ですかね。

それを超えてネガティブコメントがつくようだと、もうこれは炎上でしょう。炎上狙いでもPVは増えますが、味方を作る以上に敵を作ってしまうので、共感がとても大切な今の時代に炎上商法をするのは、緩やかな自殺行為と言えるでしょう。そんなことを、バズ狙いをするときには考えていましたね。

第6位:私がロレックスの腕時計をしている理由

39,662ビュー。おお、この時計は先日オーバーホールに出したところです。ネジ一個を交換する費用だけで新しい時計が買えるな、と改めて驚愕しています。この記事こそ炎上するのかなと思って投入したのですが、意外とポジティブな反応が多くて驚きましたね。ロレックスって、逆に叩きにくいのかもしれません。

今でも検索でよく読まれているので、「高級時計って興味はあるけど、意味がわからない」という私のような人は多いのかもしれません。今となっては時計を身に付けることもほとんどなくなりましたが、大切に保管しておいて息子にあげることにします。つい先日、息子と約束しちゃいましたし(笑)。

第5位:学生時代にやっておくべき7つのこと

39,695ビュー。これは書いていて楽しい文章でした。思っていることを、ざっくばらんに叩きつけているだけの文章ですから。学生時代から「意識高く時間を使わなければならない」みたいな風潮が嫌で、大学生のときくらいは好きなことをやったら良いんじゃないかなと常々思っていたんです。

特に7番目のやつは重要で、どうせもうすぐ意識の高いサラリーマンになるのだから、学生のときくらいはゲームをしたり寝たいだけ寝たり、お酒を飲んで吐いてみたり記憶をなくしてみたり。そういうのが大事なんだと思うんですよ。そうしているうちに、自分にとって何が大切なのか、わかるかもしれませんしわからないかもしれません(笑)。

この記事が世の中に暖かく迎えられたのは、嬉しかったですね。

第4位:高学歴の資格マニアが仕事で評価されない理由

40,754ビュー。これは、あまりバズった記憶がありません。主に検索で伸びていますね。サラリーマンでどの資格をとったら良いのかな、そもそも資格を取る意味ってあるのかな、と迷っている人が読んでくれているのでしょうね。高学歴、資格マニア、いずれもバズワードですけど嫌な言葉ですね。

SEO対策はそこまで強く意識してはいませんでしたが、こういうバズワードをタイトルの最初に持ってくるのが重要だったりします。結果として、えげつない感じのタイトルになってしまうのですが、ネットの世界はわかりやすさ勝負です。まともなタイトルで、丁寧に書いた上品な文章は全く読まれない、そんな不条理をたっぷりと味わいました。

バズによって得られたもの

1年間バズマーケティングをやってみて、まあこれ問題も結構あるよねということもわかってきたのですが、もちろん得たものもたくさんあります。定期的な寄稿の依頼を受けて、そこで20万PVの実績を作ったので「バズる文章というのは・・・」とこんな風に語る資格を得たということが一つです。

多くの方に文章を見ていただいたことで、コンサルなどの依頼にもつながりました。なにより、初期のフラスコメンバーの多くが私の文章がきっかけで集まってくれています。いろんなアライアンスも、過去の文章があってこそです。「届く人にだけ届けば良い」というスタンスで文章を書いていても、広がりませんからね。

なによりも、今の私が迷わずに自分の書くべきことに集中して書けているのは、初期の実験結果があるからです。130人の正会員の方に信用して頂き、プラットフォームとして拡大を進めていく今となっては、「炎上」のリスクが大きくなっていますから。起業してすぐ、もしくは起業前にバズの実験はやっておくべきだろうな、やっておいて良かったなと思います。

コミュニティー・プラットフォーム説明会
クラウドファンディング
研修 詳細はこちら
フラスコで学べる講座
人生計画研究会
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
夢とお金の彼方