「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

遊びは、もしかすると仕事よりも大切かもしれない

フラスコ代表、安田です。フラスコにはイベントが充実してきて、とても良い感じです。毎日のように何らかのセミナーも交流会も、ランチ会も飲み会もよりどりみどりという感じ。選択肢が多いのは良いことですが、ぜいたくを言うならばまだまだまじめなイベントが多いので、もっと遊びに振った「ふざけた」イベントが増えると良いなと「まじめに」思っています。

フラスコでやってはいけないこと

多くの方が、フラスコではセミナーやビジネスに関係したイベントしかやってはいけないと思っている気がするのですが、そんなことは全然ありません。お笑いや演劇、音楽ライブにマジックショーにゲームなどなど、エンターテイメント関係のイベントも大歓迎です。

業種に関して、フラスコでやってはいけないことはネットワークビジネスと政治と宗教。これらの普及だけはやってはいけませんが、それ以外なら何をやっても良いのです。人を騙したり強引に売り込むことはいけませんが、遊んではいけないなんて一言も言っていないのです。

まあここは、代表の私がまじめすぎるのが良くないのだろうと思うのですが、みなさんもっと遊びましょう。知的遊戯である必要なんて全くありません。子供のように、無心に楽しめるイベントを、フラスコとしては切に求めています。

みんな楽しいイベントを求めている

イベントの主催者としてではなく、参加する側として見ればこのことはすんなりと理解して頂けるのではないでしょうか。「もっと楽しいイベントがあって、それでポイントを使えたら良いな」って思いますよね。私もいち参加者としてそう思うんです。ぶっちゃけ、セミナーも飽きますし(爆)。

イベントへの参加状況を見ていると、やっぱり楽しいイベントは人気があります。みなさん、参加するときは楽しいイベントを探すのに、主催するとなったらすごくまじめな企画を立てる。これって不思議なことだなあと、いつも感じています。

もちろん、私自身も例外ではありません。楽しい遊びの場を求めながら、提供するのはなぜかまじめな学びの場ばかりだったりします。人狼ゲーム会をやろうかなと一時期「まじめに」考えていたのですが、まずは読書会やセミナーといった「必要な」ところを先に整えよう、という結論になってしまいました。

遊びは仕事とつながっている

日本人は、遊ぶことは悪いことだという考え方が潜在意識に刷り込まれていると思います。「遊んでばかりいないで勉強しなさい!」と言われたことがない人はいないでしょう。まじめにこつこつ努力することで豊かな老後が待っている。欲しがりません勝つまでは。しかしそれ、本当でしょうか。

もちろん努力は大切です。遊びをがまんして仕事に打ち込む時間も必要なこともあるでしょう。しかし、価値の高い仕事を成し遂げるためには、遊びはむしろ必要だということを、みなさん実はご存知なのではないでしょうか。

遊ぶことでストレスは減り、クリエイティブになり、良い仕事ができるようになります。アウトプットの価値を高めるためには良質なインプットが必要であり、そのインプットには遊びも含まれるというか、筆頭にあります。遊びすなわちエンターテイメントは、そういう意味でもとても重要なのです。

AIとロボットに仕事が奪われる

さらに比較的近い将来、我々が頑張っている「仕事」と思っているそれ自体が、無価値になる可能性があります。頭脳労働はAIが、肉体労働はロボットが担うようになるからです。そうなったら人間に残る仕事は、イノベーションとコミュニケーションしかなくなります。

私は5年前まで金融の仕事をしていましたが、「この仕事はいずれなくなるな」と感じたので全く新しい分野であるコミュニティの世界に踏み出しました。自分がイノベーションできる天才とは思えないので、せめてコミュニケーションを助ける分野で「仕事」をしていこうと考えたんですね。

AIやロボットに仕事が奪われることに関しては、私は楽観的です。楽観的というのは起こらないと考えているのではなくて、そうなったら人間はヒマになるので、素晴らしい時代になるなということです。そうです。近い将来、一部の天才を除いた圧倒的多数の人間がヒマになります。

人間の「仕事」は遊びになるかもしれない

AIやロボットに人間が養われるようになる。そうなったら、何が起こるでしょうか。普通の人間にできることは、遊びだけになります。ここで言う遊びにはエンターテイメントだけではなく、アートも含みます。機械に飼われた人類は、そういう「人間的なもの」でヒマを潰すようになるでしょう。

SFのように聞こえますか?でもこれは、今でもすでに起こっていることです。洗濯機や食洗機ができて、あるいはパソコンのスペックが上がってスマホが登場して、私達が生きていくために必要なことに使う時間は確実に減っています。私達は日々、着実にヒマになっていっているんです。

みんな少しずつ仕事の効率化などには興味を失っていき、遊びの需要は伸び続けます。変化はある日突然起こるのではなくて、少しずつ確実に起こっているんです。まじめな話、エンターテイメントとアートにしか未来はないのです。それくらいの覚悟を持って、真剣に遊びましょう(笑)。

コミュニティー・プラットフォーム説明会
サークルモデルセミナー
クラウドファンディング
研修 詳細はこちら
フラスコで学べる講座
人生計画研究会
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
夢とお金の彼方