「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

【クラウドファンディングのお知らせ】2冊目の本、『新しい起業のかたち(仮)』を出します!

フラスコ代表、安田です。去年の10月に『新しい副業のかたち』を世に出してからまだ日が浅いのですが、2冊目となる『新しい起業のかたち(仮)』を出版します!・・・の予定。ちなみに、タイトルは私が勝手にそう呼んでいるだけです。そんな状態ですが、クラウドファンディングをしますよ!

「ひよこ喰い」をなくす

サラリーマンが勇気を振り絞って世の中に出た瞬間、無知に付け込んでパクっと食べてしまう詐欺まがいの「ひよこ喰い」をなくしたい。これは起業支援というフィールドを選んで活動している私にとっては大きなテーマです。ひよこ喰いは「誰もが自由で、好奇心にあふれる生き方ができる世界を創る」という私のミッションに、大いに反する行為だからです。

ところで、これはどんな問題でもそうだと思うのですが、だます人に対して「だますな」と言い続けても、問題は解決しません。私は警察でも弁護士でもないので、詐欺まがいのやり方をしている人を見つけても、注意を喚起することくらいしかできません。必要なのはだまされる人を減らすこと、早い段階でだまされないように教育することだと考えているんです。

教育というと偉そうですが、もはやこれは教育としか言いようがないので仕方ありません。啓蒙、でも良いですがこっちの方が偉そうですね。起業前の早い段階からリスクなくチャレンジできるフラスコという安全な環境を作り、そこで行動を促しつつ教育をすることで、悪質な業者が活動しにくくしていくというやり方です。まあまあ時間がかかりますが、これが一番確実な方法だと考えています。

まっとうな起業本を書きたい

ところで、商業出版であれば当然ながら出版社もビジネスとしてやっていますから、本を出すならその本を売らないといけません。そのこと自体は悪いことではないのですが、どうしても「◯◯だけをすれば成功する!」「圧倒的な成功法則!」みたいな、わかりやすい本が多くなります。起業本も例外ではありません。

◯◯だけをすれば成功、に関しては嘘ですし、圧倒的な成功法則は「著者にとっての」サクセスストーリーであり多くの場合は再現性がありません。起業本を書くに先立って世の中の起業本をかたっぱしから読んでみましたが、このどちらかに分類されるものがとても多く、「良い本だな」と感じるものはほとんどありません(なくはないですよ、念のため)。

対人サービスを前提としたスモールビジネスで、少なくとも家族が生活できるくらいの結果を出すのはそんなに高いハードルではありません。最低限のやるべきことを、ちゃんとした人がちゃんとやれば、割とあっさり到達できます。しかしその「最低限のやるべきこと」が書かれた本が、ないんですよねこれが。そんなに爆発的に売れるイメージはありませんが、そういう「まっとうな起業本」を、どうしても書きたかったんです。

本を書くのはコスパがどうなの?

今は出版不況だと言われて久しいですよね。noteなどでネット上にブログを書いて課金すれば印税よりも効率的に稼げるとも言われています。課金せずともブログなら自由に書けますし、電子書籍も自分で簡単に作れます。そもそも文字ではなく動画や音声で伝えた方が多くの人に伝わるのでは、などなど「なぜわざわざ本を書くのか」という疑問はあるでしょう。

私も「わざわざ本を書かなくても、ブログで発信していけば良いかな」と思っていた時期もありました。ただ私の中にはある仮説があり、『新しい副業のかたち』を世に出してそれが実証されたのですが、サラリーマンの方に行動を促すにはやはり、紙の本が一番良いのです。なんだかんだ言っても、今でもです。

やはりきちんとした装丁がなされた書籍が並んでいると「より良い人生を得たい、変わりたい」という意欲の高い人が手にとってくれます。それなりの金額を投資して、きちんとした情報が書いてあるという前提で真剣に読んでくれます。そして、著者に会ってみたいと思ってくれるのです。少しだけ、世の中を変えられる感覚があり、これはとてもありがたいことです。コスパ、ということではどうかわかりませんが、本を書くことの意義は高いと感じています。

なぜクラウドファンディングをするの?

ちょっとまだ詳細は明かせないのですが、今回もちゃんとした商業出版です。本を出版するために誰かにお金を払う必要はありませんし、印税も頂きます。ではなぜクラウドファンディングをするのかということですが、これは「本を多くの人の手元に届けるため」ということに尽きます。本って、本屋さんに並べるだけでは売れないんです。そもそも何もしないと、ろくに並べてもらえませんしね。

そこを、チームの力も体力もお金もなんでも使って、こじ開けにいきます。この辺はあまりオープンにする情報ではないので、具体的に何をしているのかということは「セールスファネル・ラボ」というオンラインサロンの中で公開します。いずれは出版したいという方は、こちらに参加すると面白いですよ。

クラウドファンディングって何?

クラウドファンディングとは何かということを念のため少しご説明しておくと、多くの人の資金を結集して大きなことを成し遂げるための仕組みです。ドラゴンボールの元気玉のように、みなさんのエネルギー(お金)を少しずつ分けて頂いて、プロジェクト(今回は本を世に広げる)を達成していきます。

お金を出して頂く「支援」に対しては「リターン」という見返りがあり、今回だと本を発売日に送らせて頂いたりします。ご希望であればサインもします。大きな支援にはランチを奢ったり講演をしたりもさせて頂きますが、基本は本を少し高く(笑)買って頂く予約販売みたいなことですね。今回はプラットフォームがフラスコなので、ポイントを使って支援ができます。この機会に正会員に入会してポイントで支援して頂ければ、それはとても嬉しいです。

正会員入会と同時なら、2,700円で5,000円分の支援ができますしね。フラスコについての説明は、フラスコ説明会にご参加ください。お忙しければ、無料の動画もありますよ。本屋さんに並んだら買うよ、とかAmazonで予約するよ、というのももちろん嬉しいですが、クラウドファンディングに参加して頂いた方のお気持ちは忘れません。ぜひぜひ、余ったポイントの範囲で十分ですので、ご支援下さい!!

コミュニティー・プラットフォーム説明会
サークルモデルセミナー
ビジネス構築セミナー
研修 詳細はこちら
フラスコで学べる講座
人生計画研究会
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
夢とお金の彼方