「学ぶ」「教える」「成功する」。誰もが「信用の器 フラスコ」を持ち、育てて、つながる10万人のコミュニティ・プラットフォーム

信用の器 フラスコ

オンラインサロンはサラリーマンを救うか

フラスコ代表、安田です。サラリーマンがなかなか自由になれないのは、起業や副業に向かっての行動をなかなか取らないからです。とはいえ、いきなりセミナーやイベントを主催するのもハードルが高いでしょう。オンラインサロンは、そんな人が行動に移るための第一歩の手段として、とても可能性を感じています。

オンラインサロンへの参加は簡単

いまだに「オンラインサロンなんて怪しい、宗教だ」なんて言っている人はいませんよね。さすがにそろそろ、その認識は改めてください。なにごとも疑ってかかる姿勢は必ずしも悪くありませんが、かといって行動を止めてしまうのはあまりにももったいないです。危険はほとんどありませんので、まずは試してみましょう。

参加は簡単で、DMMラウンジやCampfireなどのプラットフォームから参加したいサロンを探して、申し込み(決済)をするだけです。フラスコもこのプラットフォームであり、人生計画研究会というオンラインサロンの運営もしています。もしご興味あれば、ご参加ください。

最初はROMでも良い

参加申し込みをすると通常、主催者や事務局によりFacebookなどのグループに招待されます。LINE@を使ったりメルマガがあったりと様々なパターンがありますが、基本的にはFacebookグループでの交流とリアルな交流会、文章のコンテンツや動画配信がサービスの中心となります。サークル活動のような感覚で、サロン内でメンバーが分科会のように様々なイベントを開催しているサロンも多いですね。

入ったらまずは自己紹介をしたり、他の人の投稿にコメントを書いたりすることが推奨されます。もちろんそれができればすぐに打ち解けることができるのでベストですが、私のような内向的な人(笑)にとってはいきなり書き込むのは難しいでしょう。最初はROM(Read Only member:読むだけ)でも良いので、過去の投稿やそのコメントを読んでください。なんとなく、雰囲気がわかります。

勇気を出してリアルの場に

それである程度慣れたら、ぜひ定例会(オフ会)に参加してください。プラットフォームにもよりますが、月に1回の定例会は義務付けられていることが多く、そこでは主催者に会えることが通常です。普通ではなかなか会えない感覚のある有名人やインフルエンサーに会えるのが、サロンの一つの魅力ではあります。

しかし主催者と会うこと以上に、あなたと同じようにそこに参加するメンバーとつながることを意識してください。どんな人が参加しているか、それがサロンの本質です。もちろん当たり外れはありますが、中には良い刺激を受けることができる人も参加しているはずです。恥ずかしがらずに話をして、懇親会などでも交流しましょう。

主催者と一緒に何かをする

ここまできたら、サロンにも馴染んでくることでしょう。しかしこれだけで気持ちよくなり、サロンに長く居続けることになってしまっては主催者は潤いますがあなたの人生にはあまり変化がありません。まあ良い友達ができたり、会社の中では話せないような本音の話ができるのであれば、それだけでも良いといえば良いのですが。

人生に変化をもたらすための有効な行動としては、サロンの中で自らイベントを仕掛けることです。サロン内のメンバーはイベントへの熱量が最初から高いですから、そこに声がけをすることでサロンの集客力を活かす感覚が大切です。たまに主催者が言い出す「お祭り」みたいなイベントに実行委員として入るのも良いでしょう。

サロンによっては何か成果物を生み出すようなプロジェクトをして居たりしますが、得意なことがあればそれも挑戦してみてください。これがよく世間から「騙されている、搾取だ、宗教だ」と言われがちなところなのですが、きちんとバランスをとって「いいところどり」する感覚をしっかり持って参加すれば大丈夫です。

オンラインサロンを主催する

少し先の中長期的な目標としては、自らオンラインサロンを主催することを視野に入れましょう。かつては有名人やインフルエンサーしかオンラインサロンは主催できないと思われていましたが、今はそうではなくなりつつあります。中に入って体感してみれば、その運営はさほど難しくないと感じるのではないでしょうか。

もちろん、我々「普通の人」には一声で何百人も集めるような芸当はできません。周りの人やセミナーに来てくれた人を地道にお誘いするという集客面での苦労はありますが、その後の運営はむしろ顔を知っているメンバーなのでやりやすいです。最初からテーマを明確にしていれば、そこに興味のある人だけが集まります。

サロンの運営は、楽して大儲けできる種類のビジネスではありません。それどころか、サロンの収入だけでは普通は生活するのも難しいでしょう。しかしサロンを運営できるだけの力と集まってくれるメンバーの力に加えて数万〜数十万円の収入があれば、人生は大きく動き出すのではないでしょうか。

まあそれは、先の話です。まずは興味のあるサロンにいくつか参加してみて、どんなものかを体験してみてはいかがでしょうか。以前の記事「オンラインサロンって流行っているけど、ぶっちゃけこれからどうなるの?」にも書きましたが、同じように見えても様々なやり方がありますから。なかなか、奥が深いんですよ!

コミュニティー・プラットフォーム説明会
コミュニティーイベント
コミュニティー一覧
研修 詳細はこちら
夢とお金の彼方